• ロゴ
  • javel

  • 1)私達は自動車の環境負荷を減らすように努力いたします。

    自動車は私達の生活には無くてはならないような道具になりました。現代生活で自動車を使うことは、環境負荷があることを十分に認識して環境負荷を少しでも少なく出来るように努力をいたします。
    お買い上げただいたシトロエンを長く安心して楽しんでいただけますように、販売車両には一定期間の保証をつけてお渡しいたします。新しい車両を作ることのエネルギー負荷は大きいものです。一概に新しい環境対応の自動車にすることだが環境対策にベストであるとは考えていません。現在使用している車両をより環境にやさしい仕様に変更してゆくことも大切なことだと考えています。
    私達で販売するすべてのクラシック系自動車には、環境負荷を減らすための排気ガス低減装置をご提供できるような体制を整えています。クラシック系自動車は、生産当時そのままの状態では、今日の基準では極めてハイエミッションになってしまいますが、現代の技術で対応をすると現代の車に近いような排気ガスレベルまでに排気を低減することが可能です。

    2)私達は環境負荷を助長する可能性のある自動車の販売および修理をいたしません。 

    近年ディーゼル乗用車の技術は格段に進歩してきました。多くのシトロエンディーゼルもこの進歩の恩恵を受けて、クリーンで燃費のよく二酸化炭素の発生量もガソリン車よりも少なめに抑えることが出来るようになっています。健康被害の大きいPM(粒子状物質)の排出レベルは、FAPシステムと呼ばれる高性能なPMフィルターを備えるモデルでは日本の車検場の検査では測定が出来ないほどの低レベルにまでなっています。しかし残念なことにすべてのシトロエンディーゼルにFAPシステムが搭載されている訳ではありません。弊社で販売させていただくシトロエンディーゼル車はFAP付モデルのみに限らせていただきます。従いまして、これらの装備を持たないシトロエンディーゼルモデルの販売は行いません。リクエストを頂いてもお答えは出来ませんのでご了承ください。

    3)私達はオゾン層を破壊するフロン12ガスを取り扱いません。代替フロン冷媒も大気に放出しません。

    自動車をはじめいろいろなところの空調に使用されてきたフロン12ガスは、オゾン層を破壊することで使用が禁止されています。弊社ではフロン12を使用している車両の販売ならびに整備は行いません。フロン12の空調システムが付いている車両は、すべてR134A代替フロンシステムに載せ換えて販売をいたします。またR134Aも環境負荷はR12よりも低いとは言え、地球温暖化には悪影響を与えてしまいます。R134A冷媒システムの作業を行う場合は、冷媒回収機で充填された冷媒をすべて抜き取って精製後車両に戻して再利用するようにしています。

    4)修理の出来ない車両の販売はいたしません。

    弊社からお買い上げいただいた車両は、弊社から直接ご購入いただいたユーザー様がその車両をお使いいただく限りは責任を持って保守サービスを行わせていただきます。販売させていただく車両は、運行保守に必要な整備ツールやダイアグノーシステムを揃えた上でお届けさせていただきます。シトロエンで有っても、弊社で保守の設備を持てない車両の販売はお断りさせていただくことがあります。ご了承ください。

    5)ひとりでも多くの方のお役に立てますように精進します。

    私達の仕事の目的はシトロエンを皆さんに楽しんでいただくことに有ります。現在弊社で行うメインテナンス作業は、自社で販売させていただいた車両を優先して行わせて頂いています。これは弊社のサービス工場が極めて小規模なために、沢山頂いている整備のお客様のすべてのリクエストにはお答えできない現状となっています。いつか設備と人員が整ったときには、すべてのお客様のリクエストにお答え出来る様な体制をとらせていただきたいと望んでいます。それがシトロエンワンダーランド(今村幸治郎R)への道と考えています。