記事一覧

シトロエンGS

アップロードファイル 2706-1.jpgアップロードファイル 2706-2.jpgアップロードファイル 2706-3.jpgアップロードファイル 2706-4.jpg

シトロエンGSさん、クリスマス気分満点の横浜元町商店街に佇みます。

このモデルとの出会いがなかったら、今の仕事をやっていることはなかったと思います。私の1番大好きなシトロエン!手放してしまって長らく切望していましたが、ご縁があって私の手元に来てくれました。

フラット4空冷エンジンの心地よいビート、ハイドロサスのフワフワ。シャープなステアリング。そしてボビンメーター!シトロエンGSの世界です。

生かして頂いてありがとうございます。

シトロエンCX

アップロードファイル 2705-1.jpgアップロードファイル 2705-2.jpg

今日はシトロエンCXの日でした!!シリーズ2さんが2台並んでいます。

今年の営業も残すところあと少し、お陰様で2016年もシトロエン屋を続けさせていただくことが出来ました。ありがとうございます。

シトロエンGSに出会ってから35年くらいの月日が経ちました。今日の帰り道はシトロエンGSさんでしたが、初めてGSに乗った時の感動を思い出して第三京浜を快適に流していました。

私はすっかり風邪ひきさんでそろそろ3週間になります。皆様、お身体ご自愛下さいね。

横浜元町

アップロードファイル 2704-1.jpgアップロードファイル 2704-2.jpg

クリスマス準備万端の横浜元商店街を、シトロエンc6ディーゼルさんが進みます!

今日はサスペンションスフィアーとLDSオイルを交換して、すっかりリフレッシュ!昨日は高速道路のBUMPで跳ねていたのに、今日はさらりといなします。

この子がこの景色をみるのは何回目だろう?あと何回一緒に走れるかな?今朝の大きな地震にはとても驚きました。1日1日を大切に進んで行きたく思います。

生かしていただいてありがとうございます。

シトロエンHY

アップロードファイル 2703-1.jpgアップロードファイル 2703-2.jpgアップロードファイル 2703-3.jpgアップロードファイル 2703-4.jpg

このシトロエンHさんは山梨県長坂の清春美術館にあります。初めてみたのは30年くらい前。移動式写生車両としてこの美術館で使われていた事もあるようです。リアカーゴスペースの鉄板を切ってガラスがはめ込んであります。

かつては動いていたようですが、いまはタイヤもぺったんこでお不動さん。朽ち果てて行くのを待っている感じです。

こちらまでの道のりは中央高速を使いますが、若い頃はシトロエンGSA1220で喘ぎながら走った長い登り坂を、シトロエンc6ディーゼルさんは楽々と登って行きます。

あの頃のGSAさんは、排気ガス規制でエンジンの圧縮比を下げられて、おまけにエアーインジェクション用のポンプまで駆動させられていて、それはそれは可哀想なくらい非力でした。どこかの急坂をクーラーONで発進しようとしたら、坂の抵抗に負けて発進できずにエンジン停止。次にはエンジン回転を盛大にあげて何とか発進した思い出があります。

この次は手元にあるGS1220クラブに排気浄化装置をつけて、急坂を元気に駆け上がってみたいなと思ってます。

シトロエンc6ディーゼル

アップロードファイル 2702-1.jpg

先日に名古屋にお納めさせていただきましたユーザー様からシトロエンC6ディーゼルさんがアルゲマから降ろされるところの写真をいただきました!!

白黒でとても素敵な写真ですのでご紹介させていただきます。余談ですが、、写真を撮影するのは私ですが、今回は珍しく私が小さく写っていますって、、、54歳のおじさんの顔はみたくないかも。

お陰様でここのところは遠距離の納車も増えてきています。来年初頭にはひさしぶりの北海道札幌に上陸もきまりました。私たちのc6ディーゼルさんが北海道に入るのは、震災の年に根室に納車させて以来6年ぶりとなります。

生かしていただいてありがとうございます。

シトロエンCX

アップロードファイル 2701-1.jpg

今日はシトロエンCXさん移動中です。ドイツからやって来たブレークのシリーズ1。サンルーフはセダン用を移植している子です。

この子はCXセダン用なのですが、次にやってくるDSフロッグさんは、メルセデスベンツの電動サンルーフを移植しています。私たちのパートナー、ハンスが移植を行ったそうです。

このCXさん、先ほど路上をドライブしてみましたが、とてもパワフルな走りでした。フルコン制御のお陰です。

長らくお待ち頂いていますオーナーさんにまずはみていただかないと。

女神様

アップロードファイル 2700-1.jpgアップロードファイル 2700-2.jpgアップロードファイル 2700-3.jpgアップロードファイル 2700-4.jpg

大黒埠頭で上陸した女神様を積み込んで来ました。この子はフランスからやってきました。下回りから機関、内外装のフルレトアを施しています。

ブラウンスカラベにブラウンのレザーシート。とてもフランス車らしい組み合わせですが、やはりお美しい!!自分で乗るような感じはしないですが、きっとこれをさらりと流すと素敵です。

ハイドロリックギアーチェンジとキャブレーターエンジンの組み合わせ。とても低走行の個体です!!お値段はお安くはありませんが、ちょっと出会えないような個体です。

シトロエンジャンパーアルゲマ

アップロードファイル 2699-1.jpgアップロードファイル 2699-2.jpg

お陰様で無事に帰還しました。朝の5時過ぎに横浜を出発して、帰宅も夕方五時過ぎ。1日中よくドライブしました。

アルゲマさんのナビはアップデートが出来ていないので、一部の新東名では道無き道を行くことになります。そろそろアップデートそてあげないと。一度トライしたのですが、SDカードのアップデートが上手く出来ていませんでした。SDカードの登録したものはどこに行ってしまったのか???探さないと。

いつもの駿河湾沼津サービスエリアで小休止して来ました。ここは景色が素敵です。夕日を浴びて輝くジャンパーアルゲマさんの勇姿??です。

生かしていただいてありがとうございます。

名古屋陸運

アップロードファイル 2698-1.jpgアップロードファイル 2698-2.jpg

名古屋のお客様にシトロエンc6ディーゼルさんのお届けを。4時過ぎには起きて5時前には出発するなですが、今日はうっかり寝坊してしまい、気がついたら5時半!慌ててアルゲマさん起こして出発です。

関西方面に行く時には大抵は新東名の駿河湾沼津サービスエリアで朝ごはんなんですが、今回は寝坊していてご飯をゆっくり止まって食べている時間がなく、サービスエリアでソーセージ買ってかじりながら走り続けました。

お陰様で無事にお客様にシスさんお届け完了して帰り道ですが、東名は御殿場と大井松田間は事故で通行止め。どうしましょう?

渡良瀬遊水池

アップロードファイル 2697-1.jpgアップロードファイル 2697-2.jpgアップロードファイル 2697-3.jpg

渡良瀬遊水池で開催されていた自動車の集まりに参加してきました。ここは足尾銅山の鉱毒を沈めるために作られた場所なんだそうです。いまは広大な湿地帯が広がり野鳥が集まり、静かな空間が広がっています。

今日はCX ambulance さんで1日よく移動しました。横浜から東北道館林インター付近の渡良瀬遊水池、そこからお次は東関東自動車道の佐倉インター付近にある犬の宿泊施設、そして横浜に帰還。関東大移動というような様相で400キロくらいはドライブしたようです。

ambulanceさんは製造から29年経過していますが、ますます元気。高速道路の速い流れに乗って、ウルトラフラットな乗り心地を提供してくれます。この子はスイス仕様の87年式で、オリジナルでメーカー装着のラムダセンサーと巨大な触媒コンバーターを備えているのでクラシックカーの排気ガス臭とは無縁です。

シトロエンCXさん、まだまだ進化してゆきます。ありがとうございます。

ページ移動