記事一覧

シトロエンジャンパーアルゲマ

アップロードファイル 2621-1.jpegアップロードファイル 2621-2.jpeg

元町商店街のジャンパーアルゲマさんです。場違い感たっぷりです!

アルゲマさんの荷台を動かしている油圧ポンプの電源が損傷してしまって、いまはお休み中で、ただのトラックになりました。部品調達して修理をしておかないと!!

セカンドカーにシトロエンCXの車載専用車を、、というお話もありますが、もう一台これよりも大きい車両の置き場を確保するのはなかなか大変そうです。

でもCX車載専用車がどんな走り方をするのかはとても興味ふかいです。坂道を上るのだろうか???CXのエンジンで積載すると4トン超えには成るであろう車体を引っ張ることになるのですから、、。

自宅付近には地蔵坂という急坂があります。坂の頂上に信号があるのでここで坂道発進をするのですが、アルゲマさんでもかなり苦しそうに走り出します。それをCXのパワートレーンでできるのかどうか????ぜひやってみたいです。後ろに誰もいない時にね。

シトロエンGS

アップロードファイル 2620-1.jpegアップロードファイル 2620-2.jpegアップロードファイル 2620-3.jpegアップロードファイル 2620-4.jpeg

早朝に横浜を出発して一路愛知県を目指すシトロエンGSさん、とても元気に走ってくれました。私が毎日このモデルに乗っていたのは20代の頃ですので、それからかれこれ20年以上の歳月が流れてます。

東名高速を西に向けてドライブすると登り坂ばかりになりますが、意外にと言ったら怒られそうですが、1221ccの60馬力エンジンは過不足無い加速を大柄な車体にもたらします。私が長らく乗っていたGSAは同じ排気量ですが、排気対策で圧縮比を下げたかなり遅めのエンジンでしたので、この子の走りとは別物で東名の登り坂に差し掛かるとどんどん速度が落ちて行った記憶が有ります。名古屋陸運までの道のりを元気に走ってくれました。お陰様で登録も短時間で終了して、お客様の待つ日進市まで無事にお届け完了しました。

今回はスマホのグーグルナビを使って移動しましたが、トンネルの多い名古屋市内はスマホナビは厳しかったです。トンネルに入るとナビが止まってしまうので、初めての場所でのドライブはかなり不安です。出口を通過してしまってかなり遠回りになってしまったようです。アルゲマさん早く復活してもらわないと!

あーっ最後にミニ知識??この子のリアにあるパラスというバッジ、スペルがちょっとちがいますよね?pallas じゃなくってpalas、スパニッシュ綴りになっているようです。スペインの熱い血を感じていただけましたら幸いです。

シトロエンGS

アップロードファイル 2619-1.jpegアップロードファイル 2619-2.jpeg

明日は早朝からシトロエンGSさんを愛知県に連れて行きます。

いつもは自走しないのですが、アルゲマさんの荷台が動かなくなってしまったので自走する事に。久しぶりの自走納車は緊張感タップリです。アルゲマさんはフルナビが付いてますが、この子にはナビが有りません。ちょっと前まで知らない場所にいくときには地図を開いて調べてましたが、この頃はすっかり退化してしまってナビ無しで知らない場所に向かうのはかなり不安です。

せめてスマホナビさんだけは稼働させたいので、ホームセンターでシガライター充電器を調達してました。シトロエンのシガライターはとても深くて国産品で使えるものはなかなか見つかりません。いろいろ試してやっと使えるものを発掘。一安心です。

この子はスペインから来ました。基本的な部分はフランスのものと同じようですが、作ったのはスペイン工場で車体番号は別物です。

明朝は暗いうちに横浜を出発予定。軽快なフラット4のビートを伴って西へ向かいます。

女神様

アップロードファイル 2618-1.jpegアップロードファイル 2618-2.jpegアップロードファイル 2618-3.jpegアップロードファイル 2618-4.jpeg

今日は女神様が3人並んでます。DS21、DS23インジェクション、Dスペシアル、先ほどはもう一台のDS21さんのテスト走行をしていました。

こんなにDSさんが増えてくると、そろそろシトロエン女神センターと改称してしまいそうな雰囲気です。

私が初めてDSに乗ったのは27歳の時、ボロボロのDS21を引き取って自分でエンジン降ろして修理を始めました。何にもわからないので、、、ワークショップマニュアルを片手に一つひとつ勉強をさせていただきました。

いままでどれくらいの女神様のお世話をさせていただいたのだろう>>?????数えたことがないのでよくわかりません。いまでもいつでも乗りたい女神様です。

シトロエンDS21

アップロードファイル 2617-1.jpegアップロードファイル 2617-2.jpegアップロードファイル 2617-3.jpegアップロードファイル 2617-4.jpeg

千葉港にシトロエンDS21さん上陸致しました!

千葉税関はいつもいつも税関検査があるので、今日も覚悟して早めに出発して通関申請をしたのですが、、、、なんと今日は通関検査なしでスルー、嬉しいような期待はずれのような。

喜んで女神様を積み込もうとアルゲマさんのランプを下ろして車体を折り曲げて女神さんを荷台に!!撤収しようと荷台を元に戻るリモコンボタンを押しても車体は全く動かず。倉庫に人にお願いしてマニュアルボタンを押してもらっても無反応。諦めて女神様を一旦地上に下ろしてアルゲマさんの点検を。

自分でマニュアルボタンを押しても無反応、カチッカチッとリレーのような音がするだけ。スイッチ入れたり切ったりエンジンかけて試してみたり、、、何をやっても変化なし。車には工具も積んでいないので、倉庫に方に工具を借りてアルゲマシステムの配電盤カバーを外してみました。

開けてみると、電源リレーのターミナルが焼けて火花が出ていました!!オマケにターミナルの受け側がちょっと溶けてトロトロに。
原因がわかったので、まずはターミナルを外そうとしてみたのですが、、、うまく外れません。諦めてターミナルをごちょごちょと動かして接触が復活するのを期待します。

期待を込めて試しにボタンを押してみると、アルゲマシステムさん猛然と復活!!急いで女神さんを荷台に積み込んで事なきを得ました。岸壁にアルゲマさんを置き去りにしないで済んでホッと一息でした。

生かして頂いてありがとうございます。

女神様

アップロードファイル 2616-1.jpegアップロードファイル 2616-2.jpeg

今日の女神様は静岡からご来店です。お引き渡しをさせていただいてからすでに3年経過したそうです。月日の経つのははやいですねぇ、、、ってお客様とお話しをさせていただきました。

今回は12ヶ月点検でのご入庫です。オイル交換やらクラッチ調整やらを行わせていただく予定です。フロッグからシャーク顏に変わった時の最初の女神様はダッシュボードも鉄板の結晶塗装です。グレーの微妙な色合いが素敵です。

ギアレバーもとても細くて繊細な奮起を漂わせています。アランドロンのサムライという映画を見ていただくとたくさんのDSを盗んで行くアランドロンのDSハイドロのドライブが素敵です。タバコを吸いながら指でチョンチョンってギアシフトしてゆきます。いつかはDSの皆さんはぜひこの映画を見ていただいて運転体験を想像してください。バーチャルトレーニングになります!!

https://www.youtube.com/watch?v=KR-nveJx-LU

この頃の女神様のエンジンキーは割と簡単な作りなので、アランドロンのようにたくさんのキーを持っていればヒットしてエンジンはスタート可能と思います。それ以降のモデルではしっかりとしたステアリングロックも付いてきたので、、、この方法では泥棒さんは無理ですねぇ!!

シトロエンCX アンビュランス

アップロードファイル 2615-1.jpegアップロードファイル 2615-2.jpegアップロードファイル 2615-3.jpegアップロードファイル 2615-4.jpeg

シトロエンCXambulanceさん、靄の中でお休み中!

5,5メートルの巨大ですが、駐車場以外では取り回しはあまり問題にはなりません。
ウルトラロングホイールベースのもたらすスーパーフラットライドは圧巻です。どのシトロエンCXよりも上下動が少ない空間を提供してくれます。

見える人に見て頂くと車の周りにはいろいろな人が取り付いているそうです。私は不感なので全く分からずですが、、、。

シトロエンc4

アップロードファイル 2614-1.jpegアップロードファイル 2614-2.jpegアップロードファイル 2614-3.jpegアップロードファイル 2614-4.jpeg

シトロエンc4さんのパーツとどアップ!です。

あまり目にする事が無いので、、ジックリと見てみて下さい。

シトロエンC4内装

アップロードファイル 2613-1.jpegアップロードファイル 2613-2.jpegアップロードファイル 2613-3.jpeg

1929年生まれの子はこんな感じのインテリアです!

シトロエンc4

アップロードファイル 2612-1.jpegアップロードファイル 2612-2.jpegアップロードファイル 2612-3.jpegアップロードファイル 2612-4.jpeg

元祖シトロエンc4さんのディテールアップです。

最初の写真はラジエターの上の温度計!運転してる人がフロントウインド越しに温度が見られます。

次の写真はラジエター上の温度計正面!

そしてフード上のシトロエンマークでした。

ページ移動