記事一覧

volvo

今日は娘がボルボで幼稚園に送って欲しいというほでボルボです.運転していてふと思ったんですが、この会社の車の内装はどうみてもボルボに見えるように作ってありますね.私が乗ったり見たりした事がある経験から判断しているので、間違っている違うよーというご意見もあるのでしょうが、その時にはぜひ教えてください。

240、760、850、V70、V70XCと見て来ましたが,そのどれもが内装デザインはボルボの文法通りに作られています.たぶん誰が見てもボルボの内装であるという事が理解できるように作られています。スクエアーなデザインはグローブをはめたままでも操作出来る事が前提にしているそうですが,スイッチ類は大柄でガッチャンという感じで大きな動きをします。繊細という言葉とは対局にある操作感です。

デザインの統合性を考えると、この乗り物は内装と外装とハードと全てがバランスを取れているという事が理解出来ました.

それに対して我がシトロエンデザインは時として???どうしてこの外装にこの内装????と思ってしまう事が有ります.シトロエンの内装デザインには決まった法則といえるような物があまり見いだし難いと思っています.強いて言えば,未来的で有るという事.作られた時代時代に於けるデザインの近未来像を具現したデザインなのかもしれません。

ただ、一部車種は没個性に走った時に作ったりモディファイされたりして、私にはちょっとどうしてなの???と大きな疑問符が出てしまう組み合わせも有ったりします。

そのような観点から見ると,最新のシトロエンC5は内外のバランスがよく取れていると想います.ただ、ハードとの整合性は????新型シトロエンC5ディーゼルに乗っていると、なんとも不思議な感じがします。乗り味はまぎれも無くハイドロシトロエンですが、見える光景はアウディ等に代表されるジャーマンテイスト系、、、。
これが新時代のシトロエンデザインと成って行くのでしょか?次なる展開が楽しみです。