記事一覧

メルセデスさん

アップロードファイル 2976-1.jpegアップロードファイル 2976-2.jpegアップロードファイル 2976-3.jpegアップロードファイル 2976-4.jpeg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

部品の到着を待って3個目のコイルを交換して、エンジン元に戻って元気に走り出して30分、一番嫌なアウトストラーダの上でエンジンは再不調に。何とか次の出口までたどり着いて、修理する可能性を探してインスブルックまだ走ってきました。

今日はドイツとオーストリアは休日で観光以外のお店はお休み。メルセデス24時間サービスがあるインスブルックのサービス工場行ってもお店もやってません。明日パーツを買って交換する事で、今日はホテルに投宿となりました。

この車は8気筒エンジンのダイレクトイグニッション。コイルも8個付いてます。一つ一つ壊れてるのを探して3個を交換したのですが、未交換のコイルがまだ5個残ってます。それが順番に壊れてきます。一つ壊れたら他も全て交換するか、走行距離をみて壊れる前に全て交換するのが良いと説明したのですが、どうも理解してもらえません。

私たちのシトロエンのガソリンエンジンもダイレクトイグニッション付いてます。中古車をデリバリーするときは、交換履歴無ければ全て新品交換してお渡しします。コイルの不良はただのエンジン不調で済まなくて、そのままドライブすると触媒コンバーターを溶かしてしまって大変なことになります。火災の危険もある、とても危ない場所です。

全交換をやっと承服してもらって、明日にはその部分は大丈夫になるはずです。想定外のインスブルック滞在になりました。とても綺麗な街です。シトロエン割と多め。クサラさんは何台も見ました。生かして頂いてありがとうございます。

コメント一覧

マタロン Eメール 2018年06月01日(金)07時37分 編集・削除

貧乏性⁈(笑 経済的に乗るには悪くなったとこだけ換えながら
ですが、入庫のたびに手間暇取られますし、
重大トラブルになるリスクがあるなら、予測整備の方が有難いです。
彼方では沢山のクサラがまだ頑張ってるんですね❗️
日本の俺も、負けないぞ❗️

たけ 2018年06月01日(金)15時56分 編集・削除

クサラは結構たくさん居ます。インスブルックだはよく見かけます。予防整備をどこまでするのか?それはなかなかむずかし。特にユーザーさんからの依頼で車検とかの時にはね。納車整備なら、勝手に好きなようにどんどん交換して安心を取ります。自分たちの安心ね。それが喜んでいただけたらさらに良いです。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
コメント
削除キー