記事一覧

シトロエンCXアンビュランス

アップロードファイル 3016-1.jpegアップロードファイル 3016-2.jpeg

この酷暑でオーバーヒート気味のアンビュランスさん、対策をやってみました。色々と教えていただいた対策も試してみたかったのですが、とりあえずは手軽なものからやってみました。

外気取り入れ口を、エンジンルームの熱気排出口に変更です。インテークタワーに穴を開けて小型の電動ファンを取り付けて、熱気を強制的に外に出して行きます。熱い空気は上に向かいますので。エンジンルームの1番上の方にある。エアーインテークタワーはとても好都合な排気場所。取り付けは全く美しく無いギザギザ加工ですが、なんとか穴を開けてファン取り付け。ラジエターファンが高速回転している時に、排気ファンが動くように配線してます。

帰り道で試してみましたが、水温が上がり続ける事もなくちょっと喜んでます。炎天下で試してみたいです。エアーインテークから排出される熱気はかなりの高温で手をかざし続ける事は出来ないほど。火傷しそうです。

ファンがの取り付けは適当に固定しただけなので、あとで周りから空気を逃さないように書こうして行きます。しかし今日は暑かった。炎天下で作業していたらフラフラになりました。皆さんも熱中症には気をつけましょうね!ファンの写真は拡大してみないでくださいね。ギザギザ加工品がばれてしまいますので。

コメント一覧

スタイヤー Eメール 2018年08月03日(金)21時12分 編集・削除

大変おつかれさまでした。。これで、うまく機能するとよいですね~ 本当はこんなに暑い夏は走らせない方が良いのでしょうけど、、。 ところで、初歩的なことで恐縮ですが、CXってボンネット内にスペアタイヤが搭載されているんですか??以前に乗っていたスバルのレオーネがそうでした。ちょっと懐かしく思いだした次第です(;^ω^)

たけ 2018年08月03日(金)22時05分 編集・削除

スタイヤーさん、こんばんは!この暑さでクラシック走らせるのは可哀想だなぁと思いますが、波乗りにはこの子が一番使いやすくて。うまく機能してくれると良いのですが、第2弾も考えてあります。排気口にサブラジエター取り付け。CXはエンジンルームにスペアタイヤあります。夏になるとときどき爆発してドライバーを驚かします。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
コメント
削除キー