記事一覧

代車フリート

アップロードファイル 3013-1.jpgアップロードファイル 3013-2.jpg

昨日は代車たちのお話でしたが、今日も引き続き。弊社代車フリートに在籍していたプジョー207さん、お世話になったユーザーさんもいらっしゃると思いますが、、、、この子は北海道の札幌在住になりました。いま仕上げ中の、シトロエンCXプレステージュターボ2さんのセカンドカーとしての新しい任務を得ました。

北海道はヨーロッパ生まれの車たちには気候に似ていて理想的な環境ではありますが、冬の雪道では塩害の問題があります。クラシック系の車両は現代に車両たちような強い亜鉛高張力版等は使用していないので、10年も雪道を使ってしまうとフロアーやらあちらこちらが穴だらけになってしまいます。この度に嫁がせていただいたCXプレステージュターボは、世界的も稀少なシトロエンの歴史の一部です。この子の車体保全の為に雪道ドライブはおやめ頂いて、代わりにこのプジョー207さんに勤めてもらうことになりました。

エンジンを止めたり掛けたりする回数も少ない方が望ましいので、短距離の移動や、雪道ドライブがこの207さんに任務となります。ポプラ並木の前、プジョー207さんの勇姿です。

私たちの代車フリーとから途中で旅立って行く子たちもいます。その多くは弊社ユーザー様たちのセカンドカーとしての任務です。近日中にシトロエンC5X4ディーゼルワゴンも就任します。この子はC5X7ディーゼル180ツアラーご購入のお客様がお使いだった子です。ボディーカラーが赤いので、ルージュセサンクと呼んでいます。

コメント一覧

kuwa 2018年07月28日(土)21時30分 編集・削除

Javelさんに30年近くお世話になる中で、印象的だった代車にZX5ドアがあります。深緑のボディにZFのオートマ、内外装共にプレーンでまさに黒子のような車でしたが、ハイウェイでじわじわと最高速を伸ばしていく空力の良い走りが忘れられません。お世話になりました。イプシロンは好対照ですね。初期の全くクリープ感のないセミオートマが、操るうちに癖になり、豊かな内装デザインが幸せな気分にさせてくれますよね。クリーム色の個体に乗っていましたが、コロコロと近所を走るうちいつの間にか遠出してしまうような良い車でした。

たけ 2018年07月29日(日)09時42分 編集・削除

kuwa様、コメントありがとうございます。ZXの代車いましたね。確か左ハンドルのクラブというグレード。地味な外見でいぶし銀の様でしたが、走らせると猫足で活発な乗り物でした。

イプシロンは私もkuwa様な車に乗せて頂きましたね。あれからです、いつかはイプシロンと思い出したの。長らく時間かかりましたが、やってきました。今度久し振りに乗ってみてくださいね!うちのはいつかルーフを紫にしてバイカラーにしたいです!

暑さ厳しい折、お身体ご自愛ください。