記事一覧

シトロエンベルリンゴディーゼル

アップロードファイル 3031-1.jpegアップロードファイル 3031-2.jpegアップロードファイル 3031-3.jpeg

朝からベルリンゴディーゼルさんの登録を。2台同時にやって来たので、登録も同じ日になりました。朝一でグリクオーツのベルさんを川崎陸運局に、そのまま戻ってきてキアノスブルーのベルリンゴディーゼルさんに積み替えて湘南陸運局へ。アルゲマさんよく走ってくれます。もうすぐ10万キロに到達。

アルゲマさんのオートクラッチは2週間前から稼働停止したままで、わたしの腰がどんどん痛くなるのです。帰り道に、横浜町田インターの近くにある、グイドシンプレックスの修理工場に立ち寄ってオートクラッチも修理してもらいました。お陰様で短時間で無事に復活してくれて、左足ブレーキが復活。ありがとうございます。

ベルリンゴディーゼルさん、とてもソフトで快適なサスペンションと広大なカーゴスペースを備えてます。ミッションは電子制御の自動式。ガソリンエンジンとの組み合わせは今ひとつですが、トルクフルなディーゼルとはとても相性が良いです。パワフルな走りと望外の低燃費を両立してます。最近のシトロエンは、このETG6の使用を少なくしている様ですが、とても残念です。パドルシフトもついていて、エンジンブレーキも使いやすくとてもよいシステムと感じてます。

このモデルは新型に切り替わりました。質感も上がって高級な仕様に、そして高価な車になって行く様です。このモデルのさらっとした実用車らしい雰囲気はなかなか素敵です。現地から状態の良い個体を持ち込んでお届け可能です。よろしければご連絡お待ちしてます。

コメント一覧