記事一覧

シトロエンCX ambulance

アップロードファイル 3275-1.jpegアップロードファイル 3275-2.jpeg

夏過ぎから色々と体調不良や暑さ対策整備てお休みしていたアンビンランスさん、ここのところは復活して元気に稼働してます。

エンジンルーム熱気排出は冬の水温もかなり下げてきます。高速で定速巡行していると水温は80度を切るくらい。関東の気候では問題ないですが、寒冷地ではこれは厳しいかも知れません。パートナーのハンスはドイツでCX乗ってると、ヒーター弱くて困るって話してましたから。

元々は外気導入用の場所からエンジンルームの熱気を出してます。走っていても自然とそこから排出されるようですし、水温が90度を超えると強制ファンが稼働します。真夏は風の通り道にサブラジエターがいて冷却水を冷やしてます。

冬はサブラジエターに冷却水は冷やさず、ヒーターラインに行くように制御バルブを取り付けてます。これ以上エンジン水温冷えたら困るので。

エンジンルーム気温制御、真夏のエアコン使用には味方になってくれます。渋滞でエアコン使用しても、どんどん水温が上がることはありません。かなりよく抑えたくれます。問題は見てくれかな?あまり美しくありません。この辺りが解決したらユーザー様の車両にもフィードバックして行きたいと思います。今は色々と実験段階です!

コメント一覧

リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー