記事一覧

シトロエンC6ディーゼル vs シトロエン新型C5ディーゼルツアラー

今日はシトロエンの最新ディーゼル車で千葉の往復をしました。
行きは上陸したばかりのシトロエンC5新型ディーゼルで千葉を目指しました。この車は去年の年末に一度高速を2時間ほど走っていますので、今回は2度目の長時間走行です。ガス検査には受かっていないので、仮のナンバーで走行しています。

会社を出ると首都高にすぐにはりますが、こんなワインディングロードはとってもお得意です。この車は巡航も得意ですが、ことさらコーナーでの運動性能を意識してサスのチューニングをしているようです。運転が上手になったように感じるほどに、ひらりひらりとコーナーをかわしてゆきます。

この車両はたった2Lのディーゼルターボですが、低速から高速までパワフルといえる走りをしてくれます。どうしてこれが2Lなのか???少なくともシトロエンの3LV6ガソリンよりもパワフルに感じます。帰り道はC6ディーゼルの2,7Lツインターボディーゼルですが、これと比較しても排気量の差を納得できないような走りです。

帰り道のシトロエンC6ディーゼルは、伝統的な大型シトロエンの走りを現代の技術で表現したものです。私にはとってもしっくりくる乗り物です。あくせ売るを踏み込むと、一呼吸おいてグx-ツと加速してゆくのはとっても気持ち良し。この為にv6なんだなーと理解できます。4気筒も十分に快速ですが、このような乗り味は道合わせていません。

新型シトロエンC5ディーゼルは時計で例えるとクロノグラフのような印象です。いろいろな機能を盛り込んでいてダッシュのデザインもにぎやかです。そして性能も素晴らしい。

シトロエンC6ディーゼルは複雑なハードをシンプルなデザインで包み込んでいます。ドライバーにもたらされる情報は必要最低限度だけ、ヘッドアップディスプレイされた速度計を見ながら淡々とクルーズするのは、DSからの伝統です。そうあの’地の果てまでも’という広告写真印象をそのまま体現しているように感じます。
時計だと、シンプルだけでも実用的で美しい時計、どんなものになるのでしょうね?時計は詳しくありませんので、どなたか教えてくださいね。

シトロエン屋でよかったと思える一日でした。シトロエン屋として、皆様に生かしていただいて感謝しています。ありがとうございます。

コメント一覧

Gaudi CX 2009年01月29日(木)15時48分 編集・削除

なるほどC6ディーゼルを時計で例えるとですね。時計にうるさい私としたら複雑なハードをシンプルなデザインで包み込んでいるのはパテックの3939Hというモデルですかね。文字盤上は一見とてもシンプルですがトゥールビヨンという複雑機構とミニッツリピーターという時間をチャイムで鳴らしてくれる機構がついたモデルです。価格はC6がおそらく最低20台は買うことが出来ると思いますが・・・・。ちょっと釣り合わないですね。

たけ 2009年01月29日(木)16時12分 編集・削除

gaudi CX さん、お待ちしていました。時計といえばgaudi CXさんと思ってました。

C6が20台も買える時計とは凄いですね。もうちょっと’買えるかもしれない’な金額、そうですね昔のあると47軽自動車くらいの金額の時計だとなんでしょうね?

私がサーフィンに使っていたB&Mの黄色いダイバーズは針が外れてしまったそのままになっています。

リンク集:スーパーコピーブランド専門店 ,ロレックス時計スーパーコピー ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,パネライ時計スーパーコピー ,オメガ時計スーパーコピー ,ルイヴィトンバッグスーパーコピー ,グッチ財布スーパーコピー