記事一覧

シトロエンC6HDIディーゼル

昨日は一日で1000キロ超をシトロエンC6HDIディーゼルで走りました.いままで車に沢山乗って来ましたが,一日の移動距離は私の車乗り人生の中で二番目におおいものでした。一番多いのはヨーロッパでドイツからオランダ入りしたときですから,今回の距離は私の日本国内の移動では一番の記録です.

シトロエンC6ディーゼルの高速性能が卓越している事は十分に理解していましたが,長距離を長時間ドライブしてみて、改めてこの乗り物の秀逸な性能を理解出来ました.シトロエンは長年ハイドロサスを使用して来ましたが,プジョーとの合併後はハイドロサスである事のアドバンテージは段々と薄れて来ているように感じて来ました.しかしこのハイドラ3+の足回りを得るに至っては,ハイドロシステムの秀逸性が一段と強調されているように思えます.

高速の移動で自信をもってハンドルを切れる事が大きな安心感になります。中国自動車道は割とアップダウンとコーナーが多い道ですが、こんな状況でも安心して高い平均速度を維持出来ます.私の運転の範囲内でちょっと頑張ったくらいでは、とっても限界を観る事が出来ません。ただ切ってあげれば回ってくれるという印象です。XMの頃のアクティブサスから比べると格段に進化しています.接地感が大幅に増している印象を受けます.

いつかはシトロエンC6を触りたい、その一心でシトロエン専用ダイアグやサービス情報のリアルタイムでの獲得に奔走して来ました.いまそれが実現出来て、皆様に最新のシトロエン達をお届け出来るように成りました.これもひとえに皆様のお蔭です.私たちをシトロエン屋として生かして頂きありがとうございます。

昨日はシトロエンC6ディーゼルのハンドルを握る事が出来る幸せを感じさせて頂いた一日でした。

コメント一覧