記事一覧

シトロエンC4ピカソHDIディーゼル

今日はシトロエンC4ピカソHDIディーゼルの予備検査取りが私の一大任務でした。朝一番で車検所にブランバーキンスのC4Pで出かけてゆきました。車検は受かるはずですが、やはり一応は試験のようなものなのでちょっとドキドキはしたりしますね。もうこんなこと20年ちかくもやっているのに。

午前中ぎりぎりでコースも登録も終了して、この右ハンドルのシトロエンC4ピカソHDIディーゼルクンもめでたく日本での車籍を取得となりました。この子は大阪に嫁いで行きます。たぶん、再来週くらいには大阪行きとなる予定です。

お蔭さまでディーゼルシトロエンは順調に仲間を増やしています。
あとは新型シトロエンC5HDIディーゼルのガス検査がパスすれば本当にうれしいのですが、、、。これも試験なのでなんとも言えないというところです。もちろん取得に向けて鋭意努力中です。

最近はすっかり暖かくなってきていて、私の乗っているクサラやXMはエアコンONでドライブすることが多くなってきています。懸案事項だった911のエアコンもとりあえずガスを入れたら復活しています。ただ、この車両はもともとR12対応のエアコンシステムなので、これに134を入れているという事情ではあまり冷えは期待できません。ないよりも良いでしょうが、きっと真夏が熱いことでしょう。本格的な対策をするとなると、コンデンサーやらいろいろを対応品を交換しないと、、、、。ちょっとその時間はまだ取れそうにありません。

まあ、真夏はXMに乗れば済むことですが、、、。私の初期型XMのエアコンシステムはすべて134用に変換済ですから、安心して冷え冷えの室内を提供出来ます。

コメント一覧

n7 2009年05月16日(土)09時53分 編集・削除

以前投稿していらい、ご無沙汰しております。
クサラのATはその後いかがですか?実は「クサラ2.0試乗なさいませんか?」と言いながら延び延びになっている理由の一つが、ATの不調でした。しばしば2速発進になってしまうのです。それも診断装置では原因がわかりません。どうやら、ジョイント部分とセンサーに問題があるようで、今度直そうという話をしています。ご参考になれば。

たけ 2009年05月16日(土)10時27分 編集・削除

n7さん、こんにちは。お久しぶりです。
クサラのAT情報ありがとうございます。

うちのクサラはオートマオイルの交換をしてからは、警告灯が点灯しているときの状況が少しマシになってように見えています。発生するのは数か月に一度なので、なかなか確認ができません。エンジンを止めて掛け直すと戻ってしまうので、再現するのも難しい。ダイアグでは問題なしと出てきますし。オートマオイルで症状が変わるのでバルブボディーの不調かな??とも思っています。

症状が起きた時に、そのまま会社に戻れるような状況の時には発生しない、、、という感じです。会社に向かう途中でおかしくなってくれて、その状態でダイアグをつないでみたいですが、、、、。なかなか実現しません。

ジョイントとセンサーの交換されるんですね。結果を教えていただけますとうれしいです。もっと頻発するようになったら修理が必要になるのでしょうから。

もう1台、完全にいつもおかしいAL4がついたXティアがありますので、こんどそれにダイアグをつないでみますね。これはいつもセカンド発進です。警告灯は点灯したままだし。

C5-Break Eメール 2009年05月16日(土)12時34分 編集・削除

我が家のAL4は、そろそろ12万キロですが、まったく快調に動作してくれています。
去年散歩中に見つけた工場がAL4は得意です、って言ってるんですけどなにしろ快調、お世話になるのはまだまだ先(だといいなぁ)みたいです。

たけ 2009年05月16日(土)12時50分 編集・削除

c5breakさん、こんにちは。12万キロでもまだまだ元気に動いているんですね。AL4。幸いユーザーさんたちのAL4はみなさん元気に動いています。9万キロを超えている個体もいらっしゃいますが、、、。とりえあずセカンド発進専門のAL4をなんとかしてみますね。
症状が固定しているので、うちのクサラよりも修理はしやすいと思っています。