記事一覧

ヌーベルCX

アップロードファイル 888-1.jpgアップロードファイル 888-2.jpgアップロードファイル 888-3.jpgアップロードファイル 888-4.jpg

CXプレステージュモーテック仕様車の最終仕上げを行っています。この車両はデモカー用のCXCマチックに2,5Lインジェクションエンジンとフルオートマ載せた改造車です。

外見はフロントトレッド周りがタイヤがフェンダーギリギリまでせり出しているが特徴です。後期モデルのフロント周りを移植しているので、cマチック時代のフレアーしていないフェンダーで一見悪そうなお兄さんの改造チックです。

通常は両立しない黄色いレンズ型のボビンメーターとオートマのシフトインジケーターが同居です。このボビンメーターは100キロ以上の表示が真っ赤になっていて、ちょっと異様です。当時の日本の規制に合わせてもろに赤い表示にしてくれました。赤い線を引く程度でも規制を通過できるのに、わざわざ真っ赤なメーターパネルを作ってしまうシトロエンです。今度写真とっておきますね。ドライブ中にシャッターをい押さないといけませんが、、、、。

モーテック制御をしているので100キロからそれ以上の加速もなかなかです。通常はただ速度が上がるのを待つ感じですが、これは明確にパワフルに加速できます。低速での発信もX3LV6のXMよりも早い感じです。

ワイドバンドラムダセンサーで付きで排気ガス制御もしていますので、まったくガソリン臭くありません。高速を多用する私の運転ではかなり燃費も伸びている様子です。ワイドバンドラムダは最新ラムダセンサーで、どれくらい濃いのかを判定できるものです。(従来はただ濃い薄いだけでした)

触媒も新しいメタル触媒を使っています。車検所で、どうしてこの年式にこんなの付いているの???と指摘されました。80年式ですからねー。まだラムダセンサーは誕生していなかったかな????

ラムダセンサーを一番最初に採用したのはボルボだったと記憶しています。当時は生き物のようなシステムだと評されていました。生き物のようなCXに生き物のようなラムダゾンド。(左下の写真です4本線がワイドバンドセンサーの印です。)

ヌーベルCXは試乗できます。どうぞお試しを。あっ、タイミングチェーンテンショナーとリミッターも新製品を作りましたー。この車でテスト中です。オリジナルは減って減って仕方ないので、新素材での特注品であります。

CX忘れていません、、、、!”!

コメント一覧

渡邉25GTI 2010年03月06日(土)00時20分 編集・削除

いやー最高なCXですね!また進化している。

北のお菓子を持ってまた訪問してみたい・・・・

東京に行く理由はJAVELだけで十分です(笑)

たけ 2010年03月06日(土)07時23分 編集・削除

渡邉様、こんにちは。CXちょっとずつ進化しています、、、、。私はたぶん5月くらいにお近くにお邪魔する予定です、、、。いつも駆け足の旅で北の国をゆっくりと堪能する時間が無いのが残念でなりません。先日は美味しい北のお菓子ありがとうございました。どうぞお気遣い無く、お立ち寄りくださいね。ターボオートなんて如何でしょうか?私が長年求めていた、イージードライブ特急です。