記事一覧

インスブルック

アップロードファイル 2977-1.jpegアップロードファイル 2977-2.jpegアップロードファイル 2977-3.jpeg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

インスブルック市内ではよくシトロエン見かけます。山に囲まれた素敵な街です。

朝の七時半にホテル出て、コイル探しで部品屋さん回り。ここは涼しい国なので、日本やイタリアのようにコイルの熱害は少ない様子で、大手のパーツ屋さんにも在庫なし。月曜なら届くけどって言われてがっかりしてます。

メルセデスさん

アップロードファイル 2976-1.jpegアップロードファイル 2976-2.jpegアップロードファイル 2976-3.jpegアップロードファイル 2976-4.jpeg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

部品の到着を待って3個目のコイルを交換して、エンジン元に戻って元気に走り出して30分、一番嫌なアウトストラーダの上でエンジンは再不調に。何とか次の出口までたどり着いて、修理する可能性を探してインスブルックまだ走ってきました。

今日はドイツとオーストリアは休日で観光以外のお店はお休み。メルセデス24時間サービスがあるインスブルックのサービス工場行ってもお店もやってません。明日パーツを買って交換する事で、今日はホテルに投宿となりました。

この車は8気筒エンジンのダイレクトイグニッション。コイルも8個付いてます。一つ一つ壊れてるのを探して3個を交換したのですが、未交換のコイルがまだ5個残ってます。それが順番に壊れてきます。一つ壊れたら他も全て交換するか、走行距離をみて壊れる前に全て交換するのが良いと説明したのですが、どうも理解してもらえません。

私たちのシトロエンのガソリンエンジンもダイレクトイグニッション付いてます。中古車をデリバリーするときは、交換履歴無ければ全て新品交換してお渡しします。コイルの不良はただのエンジン不調で済まなくて、そのままドライブすると触媒コンバーターを溶かしてしまって大変なことになります。火災の危険もある、とても危ない場所です。

全交換をやっと承服してもらって、明日にはその部分は大丈夫になるはずです。想定外のインスブルック滞在になりました。とても綺麗な街です。シトロエン割と多め。クサラさんは何台も見ました。生かして頂いてありがとうございます。

メルセデスさん

アップロードファイル 2975-2.jpegアップロードファイル 2975-3.jpegアップロードファイル 2975-3.jpeg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

昨晩にドイツに向けてアウトストラーダ走行中、サービスエリアで一休みして走り出すと、嫌なアラート点灯。黄色いエンジンマーク。旅行中に1番見たくない奴です。アラートだけじゃなくて、エンジン不調も発生。8気筒エンジンの1シリンダー稼働してないような感じ。真っ暗なアウトストラーダで停車は危ないので、ゆっくりと次の出口に向かいます。バサバサ言いながら、ゆっくりなら動いてるくれるので。

料金払って車を停めて、さあどうしよう。ドイツまではあと200キロ、イタリアを抜けてオーストリア通過してドイツに入るにはアルプス超えが待ってます。とてもじやないけど、これでは走れない。近くの駅までメルセデスさんに頑張ってもらって、駅前のホテルに投宿。すでに10時過ぎてました。

翌朝を待って村の車屋さんにメルセデスさん持ち込みます。ハンスは用心深いので、何軒か車屋さんを回って大丈夫と感じたところにしたそうです。同じメカの仕事をして居るので、鼻を効かせたのでしょうね。
朝ごはんをホテルで済ませて、荷物をまとめて車屋さんに。

8気筒エンジンの5番シリンダーがミスファイヤーしてるので、さっきコイル注文したから午後には治るよっていうお返事。あー良かった。クルマ置いてバスや電車の移動も覚悟していたので、救われました。

旅ではいろいろなことが起きます。これは想定外。おかげでイタリアの街中をたくさん散策できました。生かして頂いてありがとうございます。

シトロエン

アップロードファイル 2973-1.jpegアップロードファイル 2973-2.jpegアップロードファイル 2973-3.jpegアップロードファイル 2973-4.jpeg

シトロエンがたくあんあります。残念だけど直せる様な感じでなくて、パーツ用ですね。

この写真はほんの一部です。DSがずらりと並んでいましたが、どれももう直ぐ土に返りそうです。

ビアンキ

アップロードファイル 2972-1.jpegアップロードファイル 2972-2.jpegアップロードファイル 2972-3.jpeg

ビアンキのワゴン、初めてみました!

リアエンジンです。この辺りはとても道が狭いので、小型車しかいません。本物のフィアット500も活躍してます。

移動の途中でフィレンツェにも立ち寄りました。ここは武装した警官が多数いて物々しい雰囲気の場所でした。有名な観光地で人がたくさん集まってきます。事件が起きる可能性の高い場所なんでしょうね。

イタリアの日曜日

アップロードファイル 2971-1.jpegアップロードファイル 2971-2.jpegアップロードファイル 2971-3.jpegアップロードファイル 2971-4.jpeg

イタリアの日曜日はとても静かでした。昨日までの人々の声がこだまする日々とは全く違う、鳥の声が響く静粛な空間です。

昨日は移動で現代のパンダとミニに乗りましたが、どちらもかなりの固めのサス、飛び跳ねながらの移動でした。石畳の道には固いサスは厳しそうです。

ミニで狭い田舎道をかなりのスピードで移動している時、ここをダイアンで走る快適だったよって友人が話してました。おおきなバンプで飛んでそこの穴にハマった、ここだよ!って。

国内で見ると違和感を感じてしまうカクタスさん、こちらでは見事に街並みに溶け込んでます。キアノスブルーのベルリンゴさん、イギリスから日本に向かってます!

シトロエンSM

アップロードファイル 2969-1.jpegアップロードファイル 2969-2.jpegアップロードファイル 2969-3.jpeg


スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー
スーパーコピー

イタリアで素晴らしいSMと出会いました。

走行距離56000キロ、エンジンはオーバーホールしたばかり。オーナーはシトロエンメカニック60年のベテラン。外装はリペイントして綺麗になってます。

近所をオーナーさんの運転で走りましたが、エンジンもサスもギアボックスも素晴らしい状態です。内装は日焼けしてるので、新しい内装とエアコンをやり直したら短時間でお渡ししてできます!

あとで走行している時の画像アップします。言えないくらい速いドライブでした。

イタリア!

アップロードファイル 2968-1.jpegアップロードファイル 2968-2.jpegアップロードファイル 2968-3.jpegアップロードファイル 2968-4.jpeg

イタリアの古い町並みにやって来ました。ここにある建物は1600年代に造られたそうです。美しい街並みです。

日本を出発して一週間が経過しました。色々な新しい出会いもありました。旅は続きます!生かして頂いてありがとうございます。

イタリア3

アップロードファイル 2970-1.jpegアップロードファイル 2970-2.jpegアップロードファイル 2970-3.jpegアップロードファイル 2970-4.jpeg

今日も沢山の車達と出会いました。宝箱がたくさんあり過ぎて目が回りそうです。

ヨーロッパ生まれの車達は、ここでは一番輝いて見えるよう。日本の車も見かけるのですが、存在感をあまり感じません。

街中で目を閉じて一番聞こえるのは、車の音でも電車の音でもなく、人々の話す声。ここはアモーレの国なんだなと感じます。

ページ移動