記事一覧

カフェ ド シュマン

ファイル 45-1.jpgファイル 45-2.jpgファイル 45-3.jpgファイル 45-4.jpgファイル 45-5.php

熱海のフレンチ♪ カフェドシュマンさん、いままでなんどもお店の前は通過してきましたが、お店の名前がカフェなのでフレンチのお料理どんなんだろうなあ???と思ってなかなかお店に入ることがありませんでした。

お店のドアを開けると客席まではちょっと長い通路になっています。店内はスペースを十分に確保してあり、とてもゆったりとした雰囲気です。飾ってある美しいランプのような大人の為のレストランですね。

お味の方はとても気に入りました。初めから終わりまで、どれも丁寧に調理をされています。最後のコーヒーも良かったです。さすがにカフェというお名前だけあり。

最近のレストランで一番がっかりするのは、コーヒーがエスプレッソマシンから出てきたドロドロがサーブされたとき。紅茶にしていけばよかった!!と後悔します。エスプレッソが嫌いな訳じゃありません。エスプレッソではなくて普通のコーヒーが欲しかった!!のにー。そんな感じ。

先日も有名なSパーラーでケーキセットをお願いして、出てきたコーヒーがこれと同じでした。以前は薄い味のすっきりしたコーヒーで良かったのですが、、、、。Sパーラーさんもですかあ!!!とガッカリしてしまいました。

余談ですが、近所の本格コーヒー屋さんのご店主がこぼしていました。ココはとてもすっきりとした爽やかなブレンドコーヒーでとても美味しいのですが、、、お客さんから薄すぎる、ぬるいというクレームを頂いてしまったと。温度計で温度を測ってコーヒー入れているのですが、、。エスプレッソ系の熱いSコーヒーに慣れた方には薄い!!とい感じてしまうのでしょうね。

味も車も好みは十人十色、フレンチカーの大好きな私はここのフレンチはインです。熱海の繁華街にあります。近くにはコインパーキングあり、全長5,5mのCXアンビュランスでも入れますから、大型の車両でも大丈夫!!

カフェドシュマン
静岡県熱海市銀座町1-22
0557-81-2079
http://www4.tokai.or.jp/chemin/

ニューとみよし

ファイル 42-1.jpgファイル 42-2.jpgファイル 42-3.jpgファイル 42-4.jpg

伊豆伊東から熱海にむかう途中の海岸通り沿い にある和食屋さん。ホテルが経営しているようで、あまり立ち寄りで食事する様な雰囲気ではないので、場所は長らく知っていたのですが、なかなか足が向かいませんでした。多くの人も同じような感覚のようで、いつも割と空いています。

先日は意を決して入店してみました。まごちゃ、焼き魚と煮魚の定食を食してみました。新鮮な魚を使った料理はどれも美味しい。たちうおの焼き魚、フワッとして食感がなんとも素敵。海岸通り沿いでの食事にはお勧めです。特に焼き魚は秀逸♪まごちゃも付近の有名店より確実に美味しいです。焼き魚の定食は確か1500円くらい。

セットメニューに最後に付いて来るソフトクリーム、糊みたいなソフトが苦手な人はパスしましょう。私も一度だけ試してますが、、、ギブです。

お昼はたいてい入れます。夕食時は宿に宿泊しているゲスト優先でどきどきふられます。
まごちゃという看板が道路沿いですぐに目につきます。

日帰りの入浴温泉施設も併設していますので、温泉、ご飯、で渋滞をかわすのは良いかも。泉質は塩の強い温泉なので、皮膚に傷があったりするとしみます!!!のでご注意を。

http://newtomi.main.jp/index.html

熱海市下多賀1472−1

0557−67−0017

戸田幸四郎絵本美術館

ファイル 41-1.jpgファイル 41-2.jpgファイル 41-3.jpg

今日は近所の戸田幸四郎絵本美術館に出かけてみました。この美術館は連休でも夏休みでもいつも静かなときが流れています。美しい庭園とカフェレストランも備えています。

館内では戸田幸四郎さんが作画をされた絵本をナレーターの人が読んでくれた映像を流していました。走れメロス、太宰治の名作も上映されていました。昔々呼んだ記憶がありますが、再び触れることが出来てとても感動して思わず涙が、、、、、。

この清浄な空気と美しい景色、そして名作と素敵な絵、それらすべて織り成すものなのでしょうね。

庭園には小さな噴水が、、、。ウグイスの声と噴水の水の流れる音。カフェレストランからは眼下に網代の海が広がっています。オーダーすると庭園で取れたみかんを絞ってジュースを造ってくださいます。混ぜ物なしのジュース、とても美味しいです!!本当は静かな庭園で眠っていたかったのですが、娘に起こされてしましました。子供には、ここで昼間に眠って過ごすという感覚はないのでしょうね。それでも久しぶりに静寂なひと時を頂きました。

はるか眼下に見える海岸沿いの道路は連休の大渋滞が続いていることでしょう。喧騒から離れて静かなひと時をお求めになる方にはお勧めです。

熱海市上多賀1055-30
電話0557-67-1107

寿司竹

ファイル 39-1.jpgファイル 39-2.jpg

伊豆下田のお寿司屋さんです。お客様のMITAさんに教えていただだいて、訪れてからすっかり気に入ってしまいました。

こちらは地魚を揃えています。地元で取れた魚介類を楽しみたい方にはぴったり。他では味わえないような地元の赤い色の海老(名前聞いたけど忘れた、、、)やイカ、そして金目等、下田に行くのを楽しみにしています。

私のオーダーの方法はお任せで何かその日の美味しいものをお願いします!!二人で食べて福沢さん一枚くらい。大将のお話を聞きながら楽しみましょう。

夏に出かけても入れない!!なんていう事態になったことはありません。安心して訪れることが出来ます。

ワサビもおろしたて。練りワサビではありませんでした。

寿司竹 (すしたけ)

TEL 0558-22-2026
住所 静岡県下田市2-4-6 山佐セントラルビル 1F
伊豆急下田駅から577m
営業時間 11:30~15:00  17:00~23:00 日曜営業 
定休日 木曜日(祝日の場合は翌日)

伊豆多賀

ファイル 32-1.jpgファイル 32-2.jpg

あまりにも有名な伊豆多賀のお蕎麦屋さんです。熱海から下田方面に海岸沿いを走って上多賀とい信号のすぐそばにそのお蕎麦屋さんがあります。一番最初はお客様のI様に連れて行っていただきました。もう15年くらいも前のことだったと思います。

その途中にちょっとお店がお休みしていた時期があったようですが、また再開してくださったと知って喜んで行ってきました。

このお店はお蕎麦だけではなくて、庭と建物も素晴らしいものです。古い民家を移設したというとても素敵な木造建築からみえる庭園も素敵です。

お蕎麦の方は、私の好みにぴったり。濃い目のお汁でいただくセイロやそばがきをいただきましたがどちらもとても美味でした。今度は暖かいお蕎麦をいただいてみたいですね。

窓ガラスのガラスも現代のもののようにフラットではなくと、ちょっと歪んでいます。いい感じです。

http://tagasoba.com/

静岡県熱海市上多賀798
電話 0557-68-1012

モンブラン

ファイル 29-1.jpgファイル 29-2.jpg

熱海の洋菓子屋さんモンブランさんです。熱海市内のラーメンと餃子のお店’濱よし’(ブログ内でご紹介させていただいています)さんにいくと決まってモンブランさんに立ち寄って、美味しいケーキを頂くことにしています。

このお店はとても歴史が古いようです。お店で提供してくださるケーキ類も古きよき伝統的なお菓子というような雰囲気が漂っています。

いつもお店にいらっしゃるマダムがこのお店とケーキの雰囲気にぴったりとマッチしていて、お店に伺うといつも暖かい気持ちを頂いています。

とても上品でそして優しい、と私には感じます。娘にもとても親切に接してくださいます。有名な作家さん御用達だったようで、その方の写真がお店に飾ってあります。

このお店のすぐそばには、同じくブログ内で紹介させていただいていますフランス料理屋さん’マシュミエール’さんがあります。同じ通り沿いです。どちらのお店に共通する、なんともやさしげな雰囲気が素敵です。これが熱海の気質なんでしょうか???

今日は’濱よし’さんでラーメンと餃子をいただいて、モンブランさんでケーキと紅茶というコースでした。

最近はやりの創作系のケーキではなくて、古きよき洋菓子をお求めの方にはお勧めできるかと思います。私はアップルパイとモカロール(作家さんの好物だったらしい)が好きです。

モンブラン
住所: 静岡県熱海市銀座町4-8
Tel: 0557-81-4070
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日
http://www5.ocn.ne.jp/~monblanc/

マシュミエール 熱海 フレンチレストラン

ファイル 14-1.jpgファイル 14-2.jpgファイル 14-3.jpgファイル 14-4.jpg

熱海の市街地に在る小さなレストランマシュミエールさんは、ご夫婦二人で営業されているとっても可愛い外観のフレンチレストラン。夕食を食べに行こう!!と家族と市内のお店をブラブラと見て回っている時にその素敵なお店を発見しました。可愛い!!!多くの女子ならきっとそう表現すると思います。男子の私には、フランス風というよりはスイスのように観えましたが,,,,(スイスは行った事がないですけれども、何となくスイス風かと)

店内はテーブル席が確か2つだけ。2階建てで一階にもスペースがありますが、ここはどうも客席としては使っていない様子です。ここだけちょっと雰囲気の異なりますが、、、テレビが流れています。お店に入った時に奥様がテレビの前から立ち上がられたので、お客さんが来るまで待機する為にテレビを見ているのではないかな???

2階の客席に通されると、そこにはシャンソンが流れていて日本のお店に居るとは思えないような雰囲気が漂っています。ここにはテレビの音は聞こえません、念のため。お手洗いが1階なので、手洗いに行くとテレビが流れているのを見る、、、というような感じです。

私たち夫婦はランチセット2500円、娘にはほうれん草の料理とスープをお願いしました。客席から厨房がよく見えます。御店主がお料理担当ですが、流れるシャンソンのリズムに合わせるように身体でリズムを取りながら(私にはそう観えてしまいました)
準備をして下さいます。待ち時間は長めですが、店内の装飾を眺めたりご店主の料理をしているお姿を楽しんだりしていると退屈する事が有りませんでした。

頂いた料理はどれも丁寧に作られていて美味でした。使用するプレート類も料理の色との取り合わせが取れていて美しい。料理名からかなり重いバターたっぷりかと想像していましたが,もたれる程の物でもなく安心して頂けるフレンチです。これは個人差が有るので,私たちには、、、という注釈付きですが,,,。その数日後に行ったフレンチの、軽い仕上げか<<<と思っていたら実際はとっても重くてびっくり仰天とは対照的です。

最後にご店主とお話させていただく機会を頂きました。私が’踊るようにお料理をされていますね’と振ると、’いいえ、そんな余裕が有ったら良いのですが、、、。一皿一皿がお客様との真剣勝負です。’と仰られていました。感動しました。(K総理みたい、、、、かな?)

次回はディナーでお手合わせを、、お願いしようと思います。

楽しくがやがや系がお好きな方にはお薦めではないですねー。静かに食事と雰囲気を楽しみたい方にはとてもお薦めします。

現在は休業中のようです。

静岡県熱海市銀座町8-18
TEL:0557-81-6324
営業時間:昼)12:00~14:00 夜)17:00~20:00
定休日:水曜日

ホテル四季の蔵 和食くらの坊

河津のホテル四季の蔵
http://www.shikinokura.com/のお世話になりました。ペット同伴用の宿泊施設です。

ここには人間用の温泉はありませんが、ペット用の温泉があります。サン(Bコリー)は昨日海で泳がされ(本犬的には泳ぎは嫌いです、、来いと呼ばれると入水して、、、)身体が塩だらけになってしまったので、温泉に入れてシャンプーをしてあげました。温泉効果でしょうか?毛並みが良くなったように感じます。

こちらのお食事はイタリアンと和食が選べます。私たちはお昼はブログで紹介させていただいているこの場所の近所のイタリアンを頂いていますので、迷わず和食に。くらの坊という和食どころは、車で5分くらいの場所にあり宿の人が送迎をしてくれます。

ここの和食は秀逸だと思います。あまり普段和食の外食をすることがありませんが、とても面白い取り合わせのお食事を提供してくださいます。

雲丹が金目だいにのった白ナスの焼き物はとても美味でした。最後の冷たいトマトのお茶付けはヌーベル料理だなーと思ってしまうようなものでした。

和食ところくらの坊は宿泊しなくても利用可能です。河津付近で和食を、、とお考えでしたらお勧め出来ると思います。

建物は木造でとても風情があります。窓からは温泉が噴出しているのが良く見えます。

http://www.shikinokura.com/wasyoku/wasyoku.html

電話 0558-32-2561
住所 静岡県賀茂郡河津町峰435

交通手段 河津駅から1,415m

営業時間 [月~日]
11:30~13:30(L.O.)
13:00~17:30(カフェ営業)
18:00~(要予約)
ランチ営業、日曜営業

伊豆のイタリアン

ファイル 2-1.jpgファイル 2-2.jpgファイル 2-3.jpgファイル 2-4.jpg

今日は新しいイタリアンレストランを伊豆の河津で発見しました。
このレストランは築100数十年の古民家の蔵を改造して使ってるレストランで、その佇まいは海沿いの立地とともにとても魅力的です。

去年オープンとのことで、その場所にレストランがあるのは割とすぐに気がついていました。ただあまりにも良過ぎる海沿いの立地と箱なので、失礼ながらお味の方は???となかなかお店には入ることがありませんでした。

日曜日の13時過ぎのランチタイムにお邪魔しました。入り口と思われる大きな木のドアをあけようとしましたが、’開かない、、、ここは入り口ではないのか??’嫁がいうので、反対側に回ってみました。でもそこにも入り口らしきものはありません。再度重いドアを開けようとしていると、中からお店の人が開けてくださって。、。。。蔵と同じ年のふるい木製ドアは立派で美しいですが、予想よりも動きにくいです、、、、、。

あいにく店内はお客様でいっぱいです。娘はおなかが空いてへたり込んでいるので、ちょっと寒かったですが、道路からみえるテラス席でいただくことにしました。

おなかをへらして待っていると、美しい盛付けの前菜が。地元の野菜をつかったサラダですとの説明。このサラダには、ほかではあまり見かけない丸い形のオムレツが添えてありました。

とにかくおなかがぺこぺこだったので、早速食事を開始です。例によって写真撮影はしていません。撮影より食欲優先です。野菜もドレッシングもとても美味しく、オムレツも美味しい。その丸いオムレツを食べたときに、これは以前どこか別のところで食べたことがあるものでは????と思い出しました。

地元の食材を使われること、そしてとても丁寧な愛情と手の込んだつくり、、、これはもしかして、以前に数回お世話になったペット可ホテルのシェフが作ったのでは???実は、このホテルに去年の夏に滞在したときに、楽しみにしていたイタリアンの味が変わってしまっていて、食事の最後にシェフが代わっていたことを確認してやっぱりそうか!!と残念に思っていたところでした。

それからはあのシェフどこに行ってしまったんだろう???とときどき話題に上っていました。

私はこの味と盛り付けで確信したので、サーブしてきてくれた人に思い切ってそのことをきいてみました。’こちらのシェフは以前はこの近所のホテルにいらっしゃいませんでしたか???’と。答えは、ビンゴ。私の舌がシェフの味をしっかりと覚えていたことにちょっと自慢と、そして探していた人との再会に感謝をいたしました。竹村の舌もまあまあなのかなと。

今日はメイン料理はすでに売り切れで、パスタと前菜とデザートのランチセットでしたが、はじめから終わりまでとても味わい深く、そして伊豆ならではの味を堪能させていただきました。

デザート好きの私が驚いたのは、最後のデザート3人分すべて種類が違うこと。みんなでちょっとずつシェアーして3種類のデザートを堪能させていただきました。

この素敵な河津の海外沿いのイタリアンレストランはダルピラータといいます。詳細はhttp://www.dal-pirata.com
不定休ですので、おいでの時には連絡してからの方がよいかも知れません。

海岸通り国道135を下田に向かってドライブして、河津の七滝に向かう道を過ぎてすぐ右側に大きなイタリアの旗がたなびいています。それが目印。海外をドライブして、イタリアの旗がたなびいているのをみたらふらっと立ち寄ってみるもの素敵ですね。

お店の名前ダルピラータの意味は???海賊という意味だそうです。これからは早川シェフは私の中では敬意を込めて船長と呼ばせていただくことにしよう!!

近日中に今度はディナーでお世話にりたい、そう決心した私でした。(大げさですね)しかしそれほど楽しみな料理を提供して下さる船長なのですよ。

私たちも船長を、見習ってお客様にシトロエンをご満足いただけますように精進をさせていただく、その思いを一層強くさせていただきました。未熟な私たちをこれからもよろしくお願いいたします。

シトロエン屋として生かしていただいてありがとうございます。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ