過去のアーカイブ

2007年 8月

8月2007.08.29 15:59

早いものでもう8月も終わりに近ついてきました。ほんのちょっと前に夏になったと思っていたんですが、もうそろそろ秋の声を聞くような9月に突入です。ピカソ君の試験の日も来月初めに決定して、それが終わるまではなんとも気が抜けない日々が続きそうです。

さきほどシトロエンのサービス情報を見ていたら、AXにも電気自動車みたいなのが有ったのを発見しました。私には初耳情報でした。パーツリストもちゃんと存在していて、個々の部品ナンバーまでも書いてあるところをみると、どうやら市販をしていたんだと思われます。AXは90年代初期までの車両なので、この時代に電気自動車をシトロエンが市販していたなんて、なんだかちょっとアバンギャルドシトロエンという感じで嬉しいです。

もしどこかでであったら乗ってみたいし、手元にあったらとっても誇らしいなあーなんて思ってパーツリストを見ていました。どなたかAXエレクトリックの情報ご存知の方はいらっしゃいますか?

どうやって作業をするんだろう???と興味本位でパワーユニットの取り付け取り外しを見てみました。なにやら順序立てて電機ユニットの取り付けや取り外しが説明してあります。面白いです。ぜひ乗ってみたいですね。

シトロエンc4ピカソディーゼル2007.08.25 18:09

シトロエンc4ピカソの排気ガスの最終チェックを夜にやる予定にしています。前回はど昼間にトライしましたが、まったくだめだめ、暑いと車は嫌がってテストにならない状態になってしまいました。そんなわけで今日は日が沈んで涼しくなってからのテストを予定しています。

前回排気ガステストを受けたのが7月26日の大安吉日でしたが、見事に2%届かずに落ちました。今度は9月の初めに受ける予定でいますが、良い結果をご報告できると信じて今日もテストとトライを繰り返します。

テストは夜中まで続くと思われますが、きっと涼しいので昼間に行うよりも楽なのではないのか???と思っています。ハンスこちらに来ているときには、よくシトロエンC6のテストを夜中にやっていました。

仮ナンバー下げた怪しい外国人と日本人の乗ったシトロエンC6ディーゼルHDIが夜中に走っている、これはなかなか微妙な雰囲気の光景です。

シトロエンCX Prestige2007.08.24 21:19

シトロエンCXのエンジン制御現代化の相談をして来ました。新しい制御をするには多少の変更は必要ですが、どうやら問題無く出来そうな感じでした。制御の設定がパソコンを使って簡単に出来るように成っているので、微妙な調整もいろいろと試す事が出来そうでCXの性能アップに大きく貢献出来そうな感じです。ダイアグシステムも着いて来ますので、なにか制御に問題が起きた時にもオリジナルのシトロエンCX制御システムを修理するよりも遥かに短時間で原因特定が出来そうです。

あれもやりたいこれもやりたいと夢と希望は大きく膨らみます。私達の歩みはあまり早くはありませんが、一歩一歩確実にCXの性能改善に向って進んで行きます。まずはFさんのシトロエンCX プレステージュから手を付ける事に成っています。最新エンジン制御に変わったシトロエンCXは、どんな走りを披露してくれるのか??いまから楽しみにしています。

シトロエンCXオートに軽くターボを掛けてあげると、自由自在に走れる面白いCXが出来るんじゃないかな??と考えたりもしています。

今日も真夏日です。2007.08.22 18:29

今日の昼間はピカソの走行テストをしていました。排気対策をしているので、ピカソ君はこの暑さがとってもこたえるようです。前回こんな日にテストしたときには、エンジンがほとんど反応しなくなってしまうような症状でしたが、今回はこの暑さにもなんとか耐えて走ってくれました。排気対策もそろそろ終了しそうです。いままで2度も落ちていますので、次回は一発で合格したい、しなければならないと思っています。

早くピカソを終わらせてC6HDIのテストを受けたい気持ちでいっぱいです。C6が日本にやってきたのは今年の3月ですから、かれこれ5ヶ月も経過してしまっています。その間にハンスは二度も来日してC6の排気ガス対策を行ってきましたが、いまだにテストを受けていないので、結果が出ていません。これもなんとかしなければ、、、と気持ちだけは前へ前へと進んでゆきます。

季節がめぐるのはなんとも早いなーと思う今日この頃です。
波乗りしてないです。去年の11月が最後でした。秋には再開したい、、、ですね。

千葉2007.08.21 18:53

今日はシトロエンXMで千葉に行ってきました。行きの道は私のと同じ初期型のXMでした。ルージュマンダリンでグレーの特注の皮シートが付いています。私の車とほぼ同じ年式で走りも同じです。昨日は久しぶりに自分のシトロエンXMに乗りましたが、家族みんなで’シトロエンXMに乗ると落ち着くねー’と言っていたところでした。

この車ばデビューした頃は、とっても幅が広くて大きくて乗りにくいと思っていましたが、回りの車がみんな幅広になって現在ではむしろ車幅は普通に感じられるようになってきました。長さも4.7メーターほどなので、近頃の街中ではむしろジャストサイズの良い車ともいえるようになってきています。

私は自分のシトロエンXMがとっても気に入っているので、まだまだ乗り続けて行こうと思っています。

シトロエンCX22007.08.19 21:04

今日は沢山の修理をさせていただいたCX2で帰宅しています。エアコンはオリジナルのシングル仕様だったものを、リアに国産のエバポレーターを追加して冷媒もR134仕様に変換しています。今日のような40度近い気温でも、ここまでやっていると全く大丈夫です。特にリアの国産ユニットは強力で、頭の辺りから冷たい風が送られているのが強く感じられます。

シトロエンCX右ハンドルの輸入を始めた15年くらい前は、皆さんシトロエンCX右ハンドルはシングルエアコンで走っていました。あの頃は冷媒も遥かに効率の良いR12を使用していたという事も有りますが、気候もこんなに暑い事は無かったように記憶しています。最近は134冷媒を使うというハンディーも有りますが、それにしても気温の高さは異常です。40度の熱風の中でシトロエンCXやシトロエンDSを走らせる事は、きっとシトロエンの想定外の事だと思います。キャブ付き車の多いDSはこれくらいの気温になると、燃料のパーコレーションの問題も出て来ます。40度の外気温でなんとか保っているという感じです。さらに気温が上がると何か対策を考えないと、キャブ付きのシトロエンDSが真夏に走るのが不可能になってしまうかも知れません。そこまで気温が上がらないように、温暖化対策を進めないといけませんね。

今度やってくるシトロエンSMのキャブ車はこの対策をしています。キャブレーターの周りを外気で冷やすようにしています。ラジエターからの熱気では温まるばかりなので、外気を直に箱でかこったキャブレーターに吹き付けています。ただ、その外気も40度もありますが、ラジエターからやって来る熱気はその倍以上の温度がありますからまだまだ涼しい。

皆様も夏バテに気をつけて元気に進んで下さいね。

エアコンの壊れたシトロエンDS22007.08.18 12:35

エアコンの壊れたシトロエンDSは一日で復活しました。テストを兼ねて前日ひどい目にあった、高速道路の渋滞していたところの反対車線をエアコン全開で走り抜けました。

真夏の渋滞の中でエアコン無しで炎天下の車の中に居るという事は、かなり危険な事なのかも知れません。実は、その日は夜寝る時になっても身体が火照ってなかなか眠れずに、おでこと首筋にアイスを付けて寝ました。翌日の昨日は別に変わった事もなく一日を過ごしましたが、今朝になって体調がかなりおかしい事に気がつきました。ひどい頭痛と吐き気と身体が火照っている状態でした。涼しいのに汗が出るんです。

会社に行くのはあきらめて掛かり付けの病院に行きました。先生の診断は’頑張り過ぎ’なんだそうです。私は、早寝早起きで週末もちゃんとお休みを頂いているので、自分では無理をして動いているという意識は全くなかったので意外な診断結果でした。でも休んでくださいと言われてしまったので、病院を後にして会社では無く自宅に向いました。

’最近は全く波乗りに行っていないので、それで身体が火照っているんだー’と嫁さんにいったら、無視されてしまいました。また涼しくなったら波乗りも再開したいと思っています。

こんな体調の時には、ビビ(164)は全く相応しくないのを再確認しました。ビシビシと路面の
を拾うサスと豪快なアルファサウンドは、体調不良のいまは大きな苦痛に感じてしまいました。また元気になったらビビには乗せてもらうとして、しばらくはXMで過ごそうと想います。

エアコンの壊れたシトロエンDS22007.08.16 17:11

今日はエアコンの壊れたシトロエンDSで2時間弱のドライブをいたしました。
ちょうどお昼前くらいの時間でしたが、路面の外気温度は40度くらいだったようで、室内の暑さは相当なものでした。私の体感では50度くらいあったのではないか???と思っています。

これくらいの気温になると、窓を開けても入ってくる風は熱風のようなものです。渋滞に30分くらいはまりましたが、周りの車の廃熱を沢山いただいて窓からはさらに暑い風が入ってきます。脱水症状になりそうな真夏のDSドライブでした。

会社でエアコンの修理をしたので、今日はそのDSをテストで乗って帰ります。快適に涼しいシトロエンDSに成ってくれているはずです。

しかし今日の東京の空気は異常なほど熱いです。亜熱帯化していると言われていますが、今日は熱帯状態でした。私達が子供のころの夏は、こんなに暑いことは無かったですね。そんな日本の夏にはもう戻れないのでしょうかね? 

蝉さん2007.08.14 18:40

昨日の朝、家の玄関に前に蝉の死骸が2体地面に落ちていました。1体は通常の形のあぶらせみでしたが、もう1体は片方の羽が小さなやはりアブラセミでした。

ちょうど1週間くらい前に朝の根岸森林公園で出合った、片方の羽が小さいアブラセミさんなのかな???だったら寿命を全うして空も飛ぶことが出来たんだなーと、なんだかとってもほっとした気持ちになりました。死骸を見て安心するというのも変なものですが。

蝉の死骸にはアリ達が沢山群がっていました。動物達は死んで土に返るんですね。私達の骨の多くは骨壷の中に納められますが、これはあまり自然じゃないなあーと思っている今日この頃です。

今日は久しぶりにXMで帰宅をしてみようと思います。このところテストでCXばかりを乗って来ているので、XMはすっかりご無沙汰です。どんな感じでしょうね。16万キロを超えて、いまでもまったく元気なXM君、まだまだ走ってくれそうです。私が10年近く乗っているので、外装部分がちょっとおくたびれです。

夏本番2007.08.11 10:40

昨晩はほんとに暑い熱帯夜でした。私の家は山の上のような場所にあるので風通しが極めてよく、今年に入ってからも夜にエアコンをつけて寝るという事はまったく必要がありませんでした。しかし昨晩は、あまりの暑さに2度も目が覚めて、そのたびにエアコンをタイマーで入れてなんとか眠る、、、というようなことを繰り返していました。

ここのところはCXに乗る機会が増えています。昨日も茨城からCXで横浜の自宅まで移動しました。この子はGTIのオートマ右ハンドルですが、もう日本にきてから15年近くを一人のユーザーさんのところで過ごしています。今回は車検、外装塗りなおし、そしてエアコンのアップデートというメニュウを行いました。

現在のツインエアコン仕様CXは、今日のように外気温度が40度近い状態でも室内を気持ちよい涼しさに保ってくれます。私が初めて乗ったツインエアコンのCX24は、渋滞に巻き込まれるとエアコンコンプレッサーがカットされてまったく冷えなかったのを思い出していました。アイドリングでバッテリーが上がってしまう問題もありましたね。いまは、そんなことは考えないで普通に渋滞でもCXを楽しめるようになって来ています。CXも時を経て少し少しは進化していますね。これからも進化をしますので、よろしくお願いいたします。

シトロエンCX2007.08.09 17:17

最近はシトロエンCXのことをあんまり書いていないので、今日はシトロエンCXのことについて書いてみますね。いままでシトロエンCXについてはあまりにも沢山書いてきたので、あんまり目新しいことが無くマンネリ化にならないように気をつけますね。

先週はガウディCXの納車をさせていただいて、今週はシリーズ1プレステージュの納車準備を進めさせていただいています。この車はドイツからやってきた並行輸入車で、実際の年齢は22歳ですが日本では新車扱いになります。

この車両の外装の色は、いままで一度しか見たことが無い淡い緑のメタリックです。実は私が自分で乗っていたシトロエンCX25のディーゼルと同じ色。これに乗っていたのは、もう20年も前のことですが。この車両は、そのあとは先日無くなった弊社初代HPの製作者である飯塚氏の愛車となりました。残念なことに、このグリーンのCXは事故で大破して廃車となってしまいました。

このプレステージュは点火をMDI付きにしていますので、エアコンをONにしたままでもかなり力強く加速してゆきます。最近の私は帰りの第3京浜でも100キロ巡航時々120キロ追い越しくらいのペースで走っていますが、こんなゆっくりペースでも運転を楽しめるのがシトロエンCXの良いところですね。ビビ(アルファ164)は、ゆっくりと流してもあんまり面白くはありませんから。高速道路でテールをグーッと沈めて加速するときが気持ちよいですね。

このCXの美点を残したまま、いろいろな改造をして更なる進化をCXにもたらしたいと思案している今日この頃です。もっと静かに、もっとエコにです。

シトロエンCX2007.08.05 18:32

今日はシトロエンCXのエンジン制御をモダナイズ計画の詳細を決めていました。

FさんのシトロエンCXでやらせていただくことになっているので、どんな風にそれを進めて行こうかというお話がメインです。時期的には、ピカソを終わらせて9月くらいには手を付けさせていただくという事で落ち着きました。夢は膨らみます。4気筒の燃料を独立制御して、そうするとエンジンのぶるぶるもかなり減らすことができるのではないか???とか、エアコンコンプレッサーの負荷も制御して現代の車のようにエアコンオンオフの違いをほとんど無くして走りたいとか、もう思いつくことは全部やってみたい、、。ですね。

モアパアーというよりも、燃費と排気浄化を重点を置いた方向に進んでゆきます。エンジンのピックアップはかなり良くなるそうなので、結果的にはモアパワーになってくると思います。より少ない燃料で、より良い走りとローエミッションを実現したいと考えています。

どんな風にシトロエンCXが変わるのか???それはそれは楽しみにしています。燃費等の詳細もお伝えできると思いますので、ご期待くださいね。

暑いです。2007.08.04 13:52

ジャベル事務所は最近エアコンを入れないで過ごしています。窓をあけたままで仕事をしているので、ときどき電話が聴こえなくなってしまうことがあります。昨日は数台の消防車がけたたましいサイレンとともに中原街道を走り抜けていったら、会話も出来ないくらい大きな音が室内にまでも入ってきました。

今朝は大阪のお客様のCXの無事に納車すること出来ました。ご夫婦お二人でお見えになって、そのまま蓼科の温泉に、、、うらやましいですねえ。私も最近ぜんぜん温泉には行っていません。以前は箱根の日帰り温泉をよく利用していましたが、娘を連れていくとなかなかのんびりは出来ないのでやめてしまっています。やはり泊まりで温泉に入ってビールを飲みたい、それが切望になってしまっている今日この頃です。

汗を流しながらPCに向かっていますが、外で働くメカたちはさらに厳しい状況です。日向での作業となると、もうふらふらとしてきます。みなさんも熱中症に気をつけて暑い日々を満喫していきましょうね。

いまごろガウディCX(大阪KさんのCXのお名前)は、一路中央道を下っている頃だと思います。私も夏休みでも取って、田沢湖の側の温泉に行きたいです。

2007.08.03 18:11

今朝の森林公園は蝉時雨に包まれていました。関東も梅雨明け宣言を受けて、蝉たちも短いであろう夏を精一杯楽しんでいる様子です。彼らは7年土の中にいて、地上では1週間くらいしか生きられないと確か昆虫図鑑で読んで記憶があります。あの蝉の声がなんだかもの悲しく聴こえるのはそのせいなんでしょうかね?

フト地面に目をやると、1匹のアブラセミが裏返しになってバタバタともがいていました。どうしたんだろう???と思って木の枝を足に持たせてあげると起き上がってくれました。その蝉は片方の羽が小さいようで上手に空を飛べないみたいでした。木の上に乗せてあげようとも思いましたが、自分の力で歩いてゆけそうだったので、そのままその場を立ち去りました。蝉達の声を聞いて、なんだかとっても元気に成った朝でした。

明日は大阪に向けてCXが旅立ってゆきます。ユーザーさんの毎日の楽しい足となってくれることを願っています。帰りがけにそのまま温泉旅行に行かれるそうなので、私達の責任は重大です。最善は尽くしたので、大丈夫と信じています。

2020年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月

2019年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2013年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2012年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2011年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年

4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月