過去のアーカイブ

2007年 12月

大晦日2007.12.31 16:49

今日で2007年も終わりです.最近はクリスマスのイルミネーションが大流行りの様子。横浜の私の家のそばでも、12月に入ると多くの家でピカピカしているのが目につきました.あれ
は凄く電気代が掛かるんだそうです.1ヶ月で数万とからしい。そんな派手なイルミも25日を過ぎると姿をけして、ひっそりと静かな住宅街に戻りました.

クリスマスの飾りはおおはやりの様子ですが、門松やらの正月用の飾り付けはむしろ減って来ているように見えます.興味本位でぴかぴかしていたお家を観てみると,大抵はなんにもついていません.日本のお正月がだんだんと寂しくなってしまうのが気がかりです.最近の家は洋風なので、正月飾りが似合いにくいというのはよく理解出来ますが,それでもやっぱり正月の気分をだして、ちょっとは正月飾りをして欲しいなーとおもいます。クリスマスの強烈なイルミネーションを付ける手間と比べると、かなり簡単に思えます。私の家では、玄関に小さな松と鏡餅くらいがあります。

車の方は正月気分は全然無しです。いつもとおんなじ。猫の足跡のままで新年を迎えるビビとXMです。今日はビビが移動している時に、この間からのエンジン不調がまた発生してしまいました。先日交換したアイドルコントロールバルブはビンゴでは無かったようで、またしてもおんなじ症状、スローが全然効いてくれません。また今度いろいろと調べてみましょう。シトロエン屋なんだから、蛇マークそろそろ辞めればという声がどこからか聴こえて来そうです。

皆様のお陰で今年1年も無事過ごす事が出来ましたありがとうございます。2008年は8日から営業を始めさせて頂きます.1月の日曜日はイレギュラーで13と27日に営業させて頂きます.来年も宜しくお願い致します.

20072007.12.29 18:08

今日は2007年最後の営業日でした。あまり会社内を掃除することがないので、今日くらいはと意気込んで掃除を始めてしまったのがいけません。触って散らかったままで夕方6時を迎えてしまいました。触らなければよかったかも???と思いましたが後の祭り。でも、机の下の1年分の埃はしっかりと掃除機で吸い取りましたので、それで良しとしてもう帰ろうかと思います。

今年一年はいろいろな事が有りました。ディーゼルシトロエンのご提供を開始させていただいて、右ハンドルのシトロエンc5ディーゼルが大幅にデリバリーが遅れて、ご注文いただいてお客様には大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。慣れない右ハンドルの発注の勉強にはなりましたが、ユーザーさんのお気持ちを考えるともっとしっかりとした体制が必要であると痛感しています。

年末ぎりぎりになってシトロエンc4ピカソもディーゼル新長期規制を通過、これは私達にとっては画期的なこととなりました。どうしても新長期規制で発売をしたい、との思いから発売が大幅に遅れてしまいました。それでもシトロエンc6hdiのほうは年内にはテストも受けることが出来ずに、2008年にまで持ち越しとなってしまいました。年始早々からc6の対策を再開して、春には登録をしたいと考えています。

シトロエンcxでは、ユーザーのfさんのお陰でモーテック制御のシトロエンcxを作ることが出来ました。目覚しい走りのシトロエンcxはまさにヌーベルと呼べるようなものです。ただ、設定が難しく、いまでも始動性と燃費と走りの両立の問題を掛けています。目覚しく走りますが、燃費が思ったよりもよくなってはくれませぬ。これも新年の課題となりました。

12月には数年越しでやってきたシトロエンsmのフルレストア車の登録が完了しました。まだテスト段階ですが、念願のウェーバー3連キャブ車の排気ガス浄化システムが完成したことは大きな喜びとなりました。

今年1年も皆様のお陰でなんとか進んでくることが出来ました。ありがとうございます。新年もよろしくご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

シトロエンXM2007.12.26 16:19

私の164の書き込みにコメントをいただいた’C5ブレークさん’はいつも30万キロくらいまでは愛車を走らせるそうです。そのお言葉に勇気をいただいてXMの続投を決心しました。

最近はオーディオに雑音が入るようになっていたので、それを解決するために随分前からノイズキャンセラーを付けてみました。随分と雑音が減ったみたいでオーディオの音がクリアーに成って来た感じです。

残る歯排気ガスの臭いを消すことですねえ。触媒調達しないと。

シトロエンSM2007.12.26 10:28

昨日はテストでシトロエンSMに乗って帰ってみました。もう大体大丈夫な感じです。夜8時過ぎの帰宅時間には道路はガラガラで運転は楽しいですが、今朝の年末渋滞の中に裏道をズルズルと這い回るとSMはあまり嬉しくなさそうです。なんだか無駄に消耗しているような感じがしてしまって悲しい。こんな場面ではXMに乗っているのが気楽で良いです。

最近の新型車はみんなサイズが大きくなってしまっていますね。シトロエンXMがデビューしたときは、幅の広い大柄な車だなあーと思っていましたが、いまと成ってはちょうど良いサイズと感じるようになりました。全長が短いのが割りと便利です。割とどこでも駐車できます。
ただ車高が下がってしまうので、自走式パーキングは要注意です。
入ってしまったら40分も出られないという事態に遭遇したことがあります。おまけに下回りも壊れて出てきました。

会社で使っているシトロエンZXはオートマの変速が怪しくなってきました。もう7万キロ超えているので、賞味期限ぎりぎりなのかもしれません。車検が切れるまであと5ヶ月、それまで乗れるかなあ?

1642007.12.24 12:41

この間は道路上で補機類のベルトを張っているテンシヨンナーがばらばらになってしまった164君、エンジンの不調が再発してしまってしばらく車庫内でお休みしていましが、またまた解決策を想いついてしまって、それをおもいだすとやらなくては気が済まず結局パーツを調達して取り付けをしてみました.

今回はアイドル時にエンジンが止まってしまう故障だったので,Xティアと出よく起こる同じ症状の対応策、アイドルコントロールバルブの交換して見ました.幸いこれはボッシュ製を使っているので簡単にパーツは手元にやって来ました.

交換してまだ100キロくらいしか走っていませんが、どうやらいい感じみたい。これで治ってしまうと,来年の3月の車検継続をしようか???しまいか???とまた新しい悩みを増やしてしまいます。
いま自分の12万キロ乗って来たXMも排気ガス臭い問題がまだ解決出来ずに来年1月の車検継続をどうするのか決めかねている現状です。

古い車を残し続けてゆくとだんだんと台数が増えて来てしまって困ってしまいます.心を鬼にしてさよならの時期を決めないといけない時に来ているんでしょうね。でも、決められない私がいます.

千葉2007.12.21 18:27

千葉の倉庫にシトロエンCXを入れながら倉庫内の片付けをしてきました。足はいつものZXです。倉庫に入れるシトロエンCXはかなりくたびれている固体だったので、高速道路でも80キロくらいでちょろちょろと流してゆきました。まっすぐ走らない、路面のハンドルをとられてしまうという、ちょっと可愛そうな状態のCX君でした。いつか新しいユーザーさんを見つけて復活するまでは千葉の倉庫で休んでもらうことになります。

5年くらい車庫に放置されていたシトロエンGSAも倉庫にやってきて、2年前に盗賊に荒されて空になった倉庫も随分といっぱいになってきました。でもまだまだ盗賊さんの残骸が残っています。この倉庫から事件の痕跡が消えるにはまだちょっと時間が掛かりそうです。

あと1週間で今年も終わり。来年のジャベルはちょっと賑やかな年になりそうです。

シトロエンSM vs シトロエンXM2007.12.19 20:35

週末から昨日まではテストを兼ねてシトロエンSMに乗っていましたが,今日はXMで帰宅してみました。
シトロエンXMとシトロエンSMはリアクオーターの辺りがちょっと似ていますね。そんな両者ですが、乗り味のは全く別ものという事がよく理解出来ました.XMはやはりファミリーカー、それに対してSMは特別な用途専用の特殊な車両でした。

週末にシトロエンSMに乗ってデパートにお買い物に行ってみましたが,その大げさな車体と外見はでデパートに乗って行くのはとっても場違いに思えました.駐車場のおじさん達、私達が遠ざかると指をさしてSMを観察。気持ちはよーく判ります.たぶん初めて見たへんてこな名前の判らない車だった事でしょう。

いつもここにはシトロエンXMか5で行きます。おもしろいことに5で行くと入り口からとっても遠い場所で、シトロエンXMで行くとわりと入り口近くに駐車するように言われます.シトロエンSMはいうと、入り口すぐそばのベンツの群れの中でした。

シトロエンSMが一番生彩を帯びるのは、やはり中速以上で走れる高速道路です。最近の私は以前のように流れをリードもしくはぶっちぎりで走る事はしません。ただ流れに任せてころがすだけですが、そんな走り方をしていてもシトロエンSMは十分にサムシングです。ただものではないぞーという雰囲気を漂わせながらマセラッティV6は車体を引っぱって行きます。

XMの高速巡航も十分に秀逸だと思っていましたが,SMのそれはさらに深いサスペンションストロークが深々としたなんとも形容し難い乗り心地を提供します.両者ともにパワーセンタリングステアリングを備えていますが,SMはウルトラクイック、ロックからロックで1、5回転しかしません。XMはそれに対して私にはウルトラスローに感じます.3回転近くしていたような記憶が有ります.これも両者の正確の違いからくる、シトロエンの味付けの違いなんでしょう。

ここまで書いて来ていまふと頭に浮かんだのはCXでした.XMよりも深いストロークのサス、そしてXMとSMの中間くらいの早さのステアリング。CXはちょうど良いところを突いた、実用車と特別な車の乗り味を持った乗り物なのかもしれません。いまはまだXMの乗り続ける予定ですが、もし自分の車を変える時にはCXプレステージュターボ2にツインモードクラッチレスシステムを装備した物がよいかなあ???なんて考えて楽しんでいます.

シトロエンsm2007.12.18 15:31

週末はシトロエンsmに乗っていろいろと移動をしてみました。高速道路を走りたかったので、子守を兼ねて一番手軽な葛西臨海水族園まで行ってみました。ここは自宅から40分くらいをほぼ高速道路だけを使用してドライブできる、高速テストにはうってつけな場所です。

娘には乗せる前に車の前に立たせて、ヘッドライトがぐりぐりと動くところを見せてあげました。あのシステムは私はあんまり恩恵を感じませんが、楽しい装備のひとつであると思います。最近のシトロエンにもこれが復活したのは、とっても良いことだと感じています。役に立つとかそういうことよりも、なんだかとっても可愛いでしょう??? シトロエンc5はエンジン掛けると目玉がグリンと動いてとっても素敵です。

久しぶりのシトロエンsmでの高速走行はちょっと緊張しましたが、やはりなかなか楽しいものでした。この車の良いところは、運転しているとパワー感を適当に楽しめることにあると思います。そのパワーとトライデントが発する咆哮を楽しみながら、絶大な直進性のステアリングに身をゆだねて走るのはまさにシトロエンsmだけの世界です。絶対的なパワーは限られているので、安心してアクセル踏めるのがありがたいです。最近のスポーティー志向の車両は、速すぎて怖くてアクセル踏めないので。

排気ガス規制等の調整はまだ少し残っていますが、いまでも十分に楽しいドライブが出来ます。ただETCが付いていないにはちょっと困りました。車幅が広いので、右に寄せて料金所でお金を払うのはなかなか難儀です。昔はこれは当たり前だったのに、人間はどんどん怠け者になっていくようです。とりあえずETCつけてます。

シトロエンsm2007.12.16 08:32

シトロエンsmの路上テストを開始しました。現地ではほとんどテストしていないので、気をつけて慎重にね、、といわれてちょっとビビってしまいましたが帰宅路の弟3京浜でも元気に走ってくれました。
この車両は新しく作った排気ガス制御装置を付けていますので,その作動具合もモニターしながらの走行になります。

ウェーバー3連キャブをつけているのでそのままでは排気管からは強いガソリンの臭いがしますが、この制御を行っていると臭いは全くしなくなっています。私の触媒壊れシトロエンXMの強い臭いになれているので、驚く程無臭のSMになりました。ただ、ちょっと弊害というか調整不良も。制御が強く効きすぎて、ほとんどラムダ1の薄い混合気状態を保ちます.排気ガス浄化の観点からは素晴らしいですが、エンジンを踏み込んだ時のパンチは今ひとつかと。これはちょっと制御調整をして、もう少し元気の有るようにしようと思っています.

20年近く前にはシトロエンSMオートマで横浜から通勤していた事も有りました.あの頃のシトロエンSMの排気はとっても濃厚に調整してあって、アイドルしていると割と短時間でかぶり気味になってきたのを思い出しました.いまはラムダ1の理想空燃費付近での制御なので、そんな心配がないのも嬉しいです。

今日はちょっと高速を長時間巡航してみようと想います.

シトロエンc4ピカソ2007.12.14 18:06

苦節9ヶ月を経てシトロエンC4ピカソ君、念願の登録を今日の午後に完了しました。先週金曜日に排気ガステストをパスした時点で遠からずに登録は可能になるのは分かっていますが、やはり晴れてナンバーがつくと感慨もひとしおです。

この車両は沢山のテストを行っているので、車体には勲章????というような傷跡があります。最大の傷は私が路上テスト中に縁石にぶつけた大きな凹みが最大のものです。かなり大きな凹みでちょっと恥ずかしいので修理しようと思っています。

ユーロ高騰で販売価格設定がなかなか難しい現状です。なんとか抑えた金額で発売をしたいと考えています。明日の午後には準備が出来ていると思います。みなさまぜひお試しを。強烈な走りと低燃費を両立している素敵なヴォワチュレットです。

シトロエンSM2007.12.12 14:57

シトロエンSMの登録が完了しました。後は細かい路上調整を残すのみとなりました。まだちょっとしか運転していませんが、ゆっくりと走っていても楽しめるのがシトロエンSMの良いところだと思います。ちょっとアクセルを踏み込むとカァーンと雄叫びをあげてマセラティV6はシトロエンSMの巨体を引っ張ってゆきます。決して余裕たっぷりという感じでないところがシトロエンです。頑張ってますという実感をこめて走ります。そう走っている実感を味わえる車という事ですね。

排気ガス規制があまり調子良くないので、リフトが空いたらラムダセンサーを交換して路上テストに入る予定です。いまは排気制御無しで動いていますが、強力な触媒を備えているのでかつての毒ガスもくもくだったSMとくらべるとそのままでもクリーンな感じです。

苦節9ヶ月のシトロエンc4ピカソディーゼルも金曜日には予備検査を受けたぶんそのまま登録という形になる予定です。年末になってなんだかばたばたととしてきました。

相変わらず車庫は溢れています。私のXMのお尻が道路にちょっとでています、ごめんなさい。

年末2007.12.08 15:45

私にも年末進行がやってきたようです。一昨日から試験所にいっていたシトロエンc4ピカソ君、来週帰宅予定だったのが今日の午後に戻ってきてしまいました。あらら。。。

お陰様で車庫はいっぱいいっぱい、もうこれ以上は1台も入れないところまで来てしまいました。どうしましょう???来週になったらちょっと千葉に口減らしに行かないとだめかもしれません。

修理のご依頼を年内にいただける場合は、なるべくお早めに日程をお伝えくださいね。宜しくお願いいたします。

シトロエンsm2007.12.08 14:33

来週の火曜日にはシトロエンSMが登録されます。晴れて日本の路上で走れるようになります。これも5年越しでした。ウェーバー3連にラムダセンサーと強力なエアーコントロールバルブを備えた現代仕様のSMです。登録後の初任務は代官山での写真撮影です。冬の代官山でどんなショットを切り取ってもらえるのでしょうね。

登録したらトライデントに活をいれて首都高速のみなとみらい線を走りたいです。横浜だなーってね。

年末ぎりぎりでシトロエンc4ピカソも登録される予定です。今年最後になってニュースが増えました。そろそろビビも修理をしないと、、、と思い出して、壊れていると思われるパーツを注文して交換してみます。

あとはc6HDiですね。これも早く日本の路上に下ろしてあげたい。

シトロエンc4ピカソディーゼル新長期達成2007.12.07 18:11

苦節9ヶ月、私達のシトロエンC4ピカソがディーゼル新長期規制をパスいたしました。これもひとえに皆様のお力添えの賜物と思っています。タービュランス杉本様とであっていなかったら私達は新長期規制に挑もうとは思ってもみなかったと思います。

皆様の暖かい励ましや素敵なアイデア等々、数えあげたらきりがありません。この場をお借りして皆様に御礼申し上げます。

実際の作業を行っているのは私ではなくメカの柴田です。彼の頑張りと執拗な探求心には頭が下がります。

皆さんありがとうございます。なんど言っても足りません。ありがとう、ありがとう、

このシトロエンC4ピカソの販売は9台限定です。来週から再来週には登録してご試乗いただけるようになります。ご期待ください。

シトロエンXM2007.12.01 18:33

今月のHPのトップ写真は初期のシトロエンXMです。最近はめっきり路上でXMに出会うことが少なくなりましたが、この最初期のものは極めて珍しい車になってしまいました。私はシトロエンXMでは初期型のこの形と内装のデザインが一番好きです。

写真にあるリアデザインも大きめのスポイラーがついて大げさそうに見えますが、この大きなスポイラーもなかなか綺麗に納まっているのではないかなーと思っています。後期型では随分と控えめな小型のスポイラーになりました。私は地味目が好きなので、通常は小さいほうを選びますがXMではオリジナルの大きめが好きみたいです。

初期のシトロエンXMの内装は質感がないと不評だったようですが、私はこのデザインが大好きです。どうも私は品質よりもみてくれを重視する人みたいです。ただ、このシトロエンXMのダッシュはなにか部品を交換しようするとグローブボックスを外すことを要求しますが、これが嫌です。バリバリと音がして壊れそうです。

スピードメーター周りを触るときには、メーターナセルのカバーを外す必要がありますが、これまた最悪のつくりです。外すたびに少しづつ壊れます。私のシトロエンXMはなんども外しているので、端のほうはプラステックが割れてきてしまっています。あと何回外せるのだろうか???と考えてしまいます。17万キロ走行でもまだ使えていますのでまあ良しという事なんでしょうね。

90年代のシトロエンが出した未来志向のXMもいまはクラシックの仲間入りです。デジタルヴィークルシトロエンXM,まだまだ走ってもらおうと思っています。

2020年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月

2019年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2013年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2012年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2011年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年

4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月