過去のアーカイブ

2013年 5月

シトロエン女神さん2013.05.30 17:37

排気浄化装置も戻ってテストを再開したシトロエンDS21さん、早くもダメだしで再修理を開始しています。

ちょっと混合気が濃すぎで浄化装置が目一杯作動してもラムダ1を実現できない!!!濃厚な排気ガスを出してしまっています。キャブの調整やOHではそれ以上は薄く出来ない感じなので、ちょっと内部に手を入れてもう少し薄めに振れるようにしてゆく予定です。

エアコン効いて、排気浄化して、、、と進むのですが、、、なかなかハードルは高いのです!!お待ちいただいて恐縮ですが、一歩一歩完成に向けて進ませていただきます。

XティアV6さんは会社の車、お世話になったユーザーさんもいらっしゃいますね。獰猛なV6は楽しいのですが、、、エンジンルーク内の熱害でラジエターサブタンクがやられています。外して修理、、、をしてみますね。小さな車に大きなエンジンは楽しいのですが、やはり熱の問題があります。Xティアは4気筒モデルの方が安定して楽しんでいただけると思います。それでも私はアクセルを踏んだときの加速と音でV6を選んだりしてしまいますが、、。

シトロエン女神さん
シトロエン女神さん
シトロエンCX2013.05.29 19:11

今日はシトロエンCXさんを新しくお願いする板金塗装屋さんに搬入してきました!!

とても静かな環境の場所に工場が有ります。こんな場所で仕事が出来たら気持ちよいのだろうな!!と思います。緑に囲まれた素敵な場所です。

工場内ではスバルR2がバラバラに成っていました。パネルが腐ってしまっていて、それを一つ一つ手作りをされています。気の遠くなりそうな作業です。いろいろと説明をして頂いて、、、すっかり時間が経過してしまいました。

関東も梅雨入りと成ったようです。季節は巡ります。

シトロエンCX
シトロエンCX
シトロエンXM2013.05.28 18:03

珍しい車が入っています。シトロエンXM3,0、この子は日本に入ってきた一番最初のロット一台です。ルージュマンダリンは素敵な色ですね。赤系はあまり乗らない私ですが、私達が代理店をやっていた時にデモカー用にオーダーしたものもこの色でした。大好きなXMの色のひとつです。

私はいままでにXMを4台乗り継いできました。最初は右ハンドルの3L、この子は追突事故にあって廃車となりました。お次は新車の2,1LSDターボオート。これは出足がとっても遅かったですねー。いまのターボDのように静かでもありませんで、結構カラカラと盛大なディーゼルノックを撒き散らしていました。アクセルを踏み込むと忍者の煙幕のように黒煙モクモク、それでもちっとも早くない子でしたが、高速巡航はお得意でした。

3代目は下取りで入ってきたXM3,0のメンフィスブルー、登録ナンバーが私の誕生日にそっくりでご縁があったのか一番たくさん走りました。4,5万キロから17,5万キロまで、この子ではあちらこちらの海に波乗りに出かけました。

最後に乗っていたのはベールベガの3,0.この子はメンフィスからいろいろな部品を移植して、最強のXMになっているはずでしたが、、、。割と短時間で降りてしまいました。

私の乗ってきたXMはどれもY3、初期型です。あの内装が大好きでした。マンダリンのこの子はオーナーさんの愛情を一杯もらってまだまだ走り続けます。

シトロエンXM
シトロエンXM
クラシックス2013.05.25 16:22

シトロエンDSブラウンスカラベさんのHDポンプ交換修理完了です。ハイドロポンプは修理可能でその点ではエコですが、何しろ部品自体が年代ものなので、修理を繰り返しています。使える良いリビルト用のコアーがあることがとても重要に成ります。

いつも2個1や3個1して良い状態のパーツを集めて1個のHDポンプを作ってゆくということになります。新しい部品がどんどん調達出来たらよいのですが、生まれてから40年も経過したも動かすことが日常で動かすことが可能であることに感謝したいと思います。

シトロエンCX25さんも納車準備中です。ヘッド周りの修理中!!すでに新しいエンジン制御パーツも装着終了しています。シトロエンCXシリーズ2のダッシュボードはよくひび割れてきますが、今回はその対策を検討しています。一度修理したら恒久的に使えるようになるような修理を目指しています。綺麗なダッシュをベースにした型起こし中。簡単で素敵な仕上がりのパーツなるはず!!です。

シトロエンCXサファリさんも新しいエンジン制御は組み込み完了しているので、板金塗装屋さんに向かいます。牛歩の歩みですが、、良い状態でお引渡しさせていただけますように進ませていただきます。

クラシックス
クラシックス
クラシック2013.05.24 17:42

今日はこんな感じです。

シトロエンCXとDSさんが並んでいます。すっかり夏らしい日になってきました。作業着を着ていると汗ばんできます。

ヨーロッパ生まれのシトロエンには苦手な季節がやってきます。元気に走ってもらえるように整備をさせていただきます。

クラシック
クラシック
シトロエンc6ディーゼル2013.05.23 18:06

弊社ユーザー様の車庫なのですが、、、、シトロエンc6ディーゼルが2台駐車されています。二台とも同じ色、ストームグレーです。一台は2、7でもう一台は3、0二台ともディーゼルのC6さん。

登録番号も同じで外見上で見分ける方法は、内装の色がアレザン(茶色系)とミストラル(黒系)が違う事、、、そして3Lは大きなドアミラーとデザインの異なるホイールを履いています。この二台はいつもこんな風に並んでいます。弊社ステッカーの位置が微妙に異なります。

二台とも一見すると同じように見えるので、ご近所の人は二台有る事はご存知ないのでは???と思います。

こんな素敵な組み合わせ!!!私もやってみたいのですが、、、、、。

シトロエンc6ディーゼル
シトロエンc6ディーゼル
シトロエンc6ディーゼル
シトロエンc6ディーゼル
今日は2013.05.22 17:27

クラシックシトロエンさんたちが工場を占有しています。さっきまでは車検のディーゼルシトロエンが2台居たのですが、、、どちらも短時間で終了してオーナーさんのところに戻ってゆきました。

シトロエンDS21さん、排気ガス浄化装置を取り付けています。不調になってしまっていたので、製作者のところで修理をしてもらいました。ドイツの人が作った排気ガス浄化装置です。キャブ付き車にも対応しています。私達のクラシックシトロエンはすべて排気ガス浄化を行ってお引渡しをさせていただいています。排気ガス臭くないクラシックシトロエンは、窓を開けてドライブしていても髪の毛が排気ガス臭くなることはありません。

グリーンのDS21さん、排気ガス浄化装置がセットされたらテスト走行を再開します。長らくお待ちいただいているユーザー様に元気な状態でお引渡しをさせていただくために、通勤でかなりの距離を走ってゆく予定です。私の通勤は渋滞あり高速ドライブありでなかなか過酷な実用テストです。

今日は
今日は
ボルボ5442013.05.21 17:17

今日はとても珍しい車に乗せていただきました。1964年式ボルボ544です。私よりも2歳若いだけですから、49歳ですね!!さすがにボルボさん、とてもソリッドで年齢を感じさせてない力強いドライブを楽しませてくれました。ながーいギアレバーは昔のバスのようです。

この車のすごいところは、いまでも多くの部品が入手可能で維持管理はまったく問題が無いのだそうです。文化遺産を残してゆくという考えが有るのですね。

1800ccのエンジンは現代の路上でも十分に通用します。オーナさんによるとブレーキがもうちょっと強いと乗りやすい!!とのこと。通常のドライブでは弱すぎるという印象はありませんでしたが、、、。

以前に手に入れてシトロエンHバン。この車のブレーキは弱かったです。前の車にブレーキを踏まれるのが恐怖でした。

今度は同じ年式のシトロエンと一緒にドライブしましょう!!!ということになりました。トラクションアヴァンシトロエンもあったらなあ!!!と思うようになりました。

ボルボ544
ボルボ544
ボルボ544
ボルボ544
シトロエンDS5 ハイブリッド2013.05.20 19:08

始めてシトロエンDS 5でドライブと呼べるような距離を走ってみました。雨の中を横浜から箱根にある日帰り温泉施設天山へ。往復で200キロくらいの距離に成ります。

エンジン制御を入れ替えてからのDS5ハイブリッドさん、とても気持ちよくシステムが作動してくれます。来た時とは印象がガラリと変わりました。横浜から箱根まではその旅程の殆どを高速道路を走る事に成ります。高速道路上でのマナーもよく観察する事が出来ました。

ハイブリッドシステムはEGSミッションと組み合わされますが、電気モーターのアシストはいままでのEGSの欠点を見事に払拭しています。ここ最近のディーゼルエンジンとEGSの組み合わせはすでにコンバーター付きオートマと遜色無いような作動をするようになっていますが、電気モーターの助けを借りる事でもはやアイシンオートよりもよく出来ていると言えるようなレベルにまで進化しています。

ブレーキをリリースすると、まずはモーターで車体はクリープを開始します。アクセルを軽く踏んだ程度での低速走行はそのままモータードライブ、ちょっと踏み込むとディーゼルエンジンが追従して来ます。レクサスのようなV8エンジンでは無いので、エンジンが作動しているというのはすぐに理解出来ますが、以前の制御よりも掛かりしなは静かになっているようです。以前はどちらかというとドシンという感じでエンジン作動していましたが、今回の制御はブルンという感じでなめからに追従して来ます。モーターとエンジンの継ぎ目が滑らかに成って、気にならなくなりました。

乗り心地の方は相変わらず固め。225−45−18というファットなタイヤを履いているのでねぇ。出来れば、もう少ししなやかに成って欲しいという希望はあります。タイヤ交換の時には、ちょっとハイトを上げたり銘柄を乗り心地重視の物に変えて行きたいな!!と思います。タイヤと言えば、シトロエンの新車にミシュランではないタイヤが装備されているのを見るのは、このDS5ハイブリッドが始めてです。コンチネンタルを履いています。ZR規格なのでこの車の性能にはオーバークオリティーかも知れません。もう少し乗り心地重視の設定でもよかったのでは???と思いますが、シトロエンはDS5ハイブリッドをスポーティーセダンに仕立てたかったのかもしれません。お☆様に乗っていると思えば、この乗り心地でも別段何も感じない!!のだと思います。私には、シトロエンイコールソフトライドという思いが強すぎるのでしょうね。サクソに乗っていてもいつもいつも同じような事を考えています。スポーティーカーのシトロエンで唯一乗り心地がよいなーと思ったバネ車はヴィザGTでした。あの車はフカフカのシートがとても気持ちよかったです。

月曜日の午前中でしたので、日帰り温泉はとっても空いていました。温泉に浸かってお昼ご飯を頂いて、その後には温泉のお湯で淹れているコーヒーもいただいて、、、とすっかりお一人様を満喫してしまいました。温泉水コーヒーはかななかのお勧めです。この温泉水、ボトルを持参すればお持ち帰りもOKで無料だそうです。コーヒー好きの方は、ペットボトルご持参での訪問がよいかもしれません。

今年の冬はDS5ハイブリッドにスタッドレスを履かせて雪道に繰り出してみようか???そんな事も考えだしています。電気モーターとディーゼルエンジンの組み合わせで構成されている4WDカー、これで雪道をガンガンと走れたらそれはそれで痛快ではないかな???と思います。

お蔭様で今日は身体から温泉の香りが立ち上っています。ありがとうございます。

シトロエンDS5 ハイブリッド
シトロエンDS5 ハイブリッド
シトロエンDS5 ハイブリッド
シトロエンDS5 ハイブリッド
シトロエンDS5 ハイブリッド2013.05.18 20:45

横浜元町商店街のDS 5ハイブリッドさんです。システム制御のECU を書き換えしたらすっかりスムースな動きに成りました。ソフトの入れ替えでここまで変わるのね!!とちょっと驚きと、最初っからこの制御だったら随分と印象が変わるのに、急いでだしてしまったのかな???

港町の横浜元町にDS5ハイブリッド似合いますねぇ。運転も随分と慣れて来ました。アクセルオフにすると充電しています。パワーを取られるので、どんどんスピードが落ちて行きます。惰力走行が待ち遠しい車って珍しいです。

このシステムとハイドラクティブ3plusを組み合わせてくれたら、とっても新しく素敵な乗り物が出来るように思うのですが、、、。シトロエンさん、それはやってくれないのでしょうか?

シトロエンDS5 ハイブリッド
シトロエンDS5 ハイブリッド
シトロエンCX2013.05.17 18:20

今日はシトロエンCXサファリさんを運び込んでいました。エンジン制御ECUやらエアコン改修等を開始いたします。近日中に室内バラバラになってゆくと思います。

素敵なシトロエンCXサファリになって、ユーザーさんにお仕えする日を目指します。

ありがとうございます。

シトロエンCX
シトロエンCX
北海道2013.05.16 11:52

北海道のピカソさんの映像をいただきましたのでご紹介させていただきます。北海道は今が桜の季節なんですね。パノラマグラスに桜の花が写りこんでいます。下からの眺めは素敵でしょうね。背景に山があるものはニセコの写真です!!それ以外は函館。北海道の景色はヨーロッパ風でピカソさんとてもよく似合っています。

このピカソさんはとても少数派の160馬力ディーゼルエンジンとアイシン製6段オートマを備えています。新世代のピカソが出た!!と思ったら短時間でカタログから消えてしまいました。とても静かでパワフル、素敵な乗り物です。どうして止めてしまったの!!!!海外では、ときどき中古車両を見かけます。

新しいC4ピカソもお目見えしてきます。今度のモデルはちょっと大人しい感じになるようです。新型シトロエンC4の出来具合がすばらしいので、新型ピカソも期待出来ます!

北海道
北海道
北海道
citroen-berlingo2013.05.15 17:18

berlingoの内装は良く考えて作ってあります。

フロアートンネルがないので、路肩ぎりぎりにつけても反対側からでるのがとっても容易です。そんなことに味をしめて、、、、これで後ろのスライドドアから出られたら便利だなあ!!!でも巨大なコンソールボックスが邪魔!!これが取れたらなあ!!と思って触ってみると、大きなノブがありました。それを手前に引いてみると、、、あら、、、大きなボックスがゴソッと外れました。

シートの間がクリアーになったので、フロントドアが開けられないほどの狭い場所に駐車してしまっても、シートとシートの間からリアスペースに乗り移ってリアのスライドドアから外に出られる!!!なかなか優秀なパッケージングです。

最新のEGSシステムはとても洗練されています。2011年モデルのC4ディーゼルに乗ったときには、EGSもずいぶんと良くなったなあ!!と思いましたが、現代のEGSディーゼル2012年モデルからのものは秀逸といえます。苦手な1-2変速も殆どタイムラグなしでスッと吸い込まれるようにギアシフトしてゆきます。11年モデルがガッチャンとギアチェンジしていたのとは大違いです。

お利巧になったEGSとパワフルなディーゼルターボエンジンの組み合わせ!!なかなか素敵です。マニュアルミッションにはまだ乗ったことがありませんが、、、、。どんなマナーでドライブするのでしょうね。

左ハンドルだと、路肩の左にぴったり寄せて反対から脱出も可能!!リアシートをはずしてしまえば、リアゲートからも出られそうです。さすがにマルチスペースというだけあります。

citroen-berlingo
citroen-berlingo
citroen-berlingo
citroen-berlingo
シトロエンベルリンゴ2013.05.13 14:25

今日は珍しい車で帰宅してきました♪ 正規では輸入されていないシトロエンベルリンゴマルチスペースさん。マルチスペースというだけ有って、室内は広々でカーゴスペースもかなり広大です。お仕事にもファミリーカーにも使える便利な乗り物です。乗り心地もカーゴカーというよりもしっとりとした乗用車の乗り心地。荷物を積まない状態で走る事が多いユーザー様でも全く大丈夫でした。

コーヒー屋さんでコーヒーブレーク中のショット。全長は4、3メーター程ですので、お買い物の移動でも置き場所に難儀する事は皆無です。一台分しか空いていない縦列も頭を入れて切り返し可能なギリギリの大きさだと思います。これ以上大きい4、5mの全長に成ると縦列はバックで、、、となりますね。元町商店街は縦列駐車する事が多いですが、C4やベルリンゴならスペースを見つけたらそのまま頭から入って駐車可能で嬉しい。6は絶望的、ハザード点灯して後ろの車が迫って来ない事を祈りつつバックで駐車と成ります。

正規で入っていないのでこの車を見た事がある人はあまりいらっしゃいません。思ったよりも注目をされるようです。何だろう???この車????という感じなんでしょうね。

カーゴスペースが広大なので、花屋さんや洋服屋さんでも使って頂けるかな???と思います。純粋なカーゴカーでリアサイドガラスが無いようなお仕事専用モデルも存在します。そんなモデルもご希望がありましたら導入可能です!!!







シトロエンベルリンゴ
シトロエンベルリンゴ
シトロエンベルリンゴ
シトロエンベルリンゴ
雨のドライブ2013.05.11 21:07

今日はフォードモンデオST220という車のハンドルを握る機会を頂きました。この車、一見するとお☆様のCクラスかな???と思うような控えめなスタイリングをしています。ですが、その実態はゲトラク製6段マニュアルミッションとツインカムV6エンジンを備えたスポーツセダンでした。

シトロエンをはじめイタリアやフランス系の欧州車を長らく乗って来ましたが、マニュアルミッションは日本の車が一番しっかりしているな!!と感じていました。普段に乗っているジャンパーアルゲマさんのミッションも、新車でもセカンドシンクロ弱っているの???と思うような感じですが、、、CXディーゼルの新車もこんな感じだったな!!と思ってあまり気にもしていませんでした。

今回始めて触れさせて頂いたゲトラク製6段マニュアル、これはとても気持ちよいマニュアルミッションでした。ギアシフトをする楽しみを満喫出来る、とても剛性感のある操作感に驚きました。エンジンの音もとても魅力的で踏み込むと素敵なサウンドと共に回転を上げて行きます。

ステアリング系は普段乗り馴れているシトロエンとは対局の、路面情報を忠実に使えてくれるタイプ。私の少ないスポーツカーの経験の中では、以前にちょっとだけ乗っていたポルシェ964に近い感じで、道路の轍や傾斜が手に取るように解るダイレクト感でした。大人しい感じの外見とは裏腹に、スポーツマインド一杯の元気な乗り物フォードモンデオさん、とても楽しくドライブさせて頂きました。

雨の東関東自動車道を、板金塗装の終了したシトロエンC6ディーゼルさんで千葉から横浜までドライブしてきました。シトロエンの伝統的な全天候型の高速巡航性能は、こんな大雨の中でもリラックスしたドライブを堪能させてくれます。路面状況をあまり教えてくれないステアリングですが、私はこのシステムに慣れきっているので安心して身を任せて行きます。ヘッドアップディスプレーに映し出される速度を見ながらのドライブは、浮世離れしたバーチャルワールドのような雰囲気を感じさせてくれます。車を運転しているという実感は、どちらかというと希薄かもしれません。

私の娘は8歳ですがいろいろなシトロエンを体験しています。彼女の一番すきなシトロエンはなんとDSなんだそうです。カチャカチャとギアチェンジする音が好きなのだとか!!解っているかなあ!!!と思うのは親ばかナノでしょうね。

雨のドライブ
雨のドライブ
クラシックス2013.05.10 17:45

今日もクラシックシトロエンさん達が工場にいっぱいです。

奥にいるシトロエンDS21さん、エンジンばらばらが始まっています。いままで元気に走ってきてくれましたが、今回は新しいユーザーさんにお仕えすることに決まって仕切りなおし。エンジンからばらばらにして準備中です。

ゴールドのCX25さん、エンジン制御の取り付けも完了して、後は内装を元に戻して、、、というところまできています。ラムダセンサー制御しているので、排気浄化もしっかりと行われています。排気ガス臭のしないCX、着実に増殖中!!!

明日は朝から千葉行きです。

クラシックス
クラシックス
クラシックス
クラシックス
税関2013.05.08 16:42

今日はは大黒ふ頭の税関に来ています。久しぶりにシトロエンC 6ディーゼルが入荷しました♪女性オーナーさんが使っていた車のようです。

年末に来た子もシルバーでしたが、この子も同じくシルバー♪私達の6では少数派の色です。ダーク系のカラーリングが多い6ですが、明るい色も素敵です。


嫁入り先はまだ未定の子です。

税関
税関
ブラインドスポットセンサー2013.05.07 16:58

シトロエンc4ディーゼルさんに装備されているなかなか有効な装備のご紹介!!ブラインドスポットセンサーです。

サイドミラーの死角に車が入るとミラーのしたの方に有るインジケータが赤く点灯して教えてくれます。ちょうどお友達が来たのでパチリ♪

有っても無くても良いような設備が多い昨今ですが、これはなかなか役にたちます♪

駐車用のギャップセンサー、これは???ですねー!

ブラインドスポットセンサー
ブラインドスポットセンサー
シトロエンc4ディーゼル2013.05.05 17:52

C4ディーゼルさん、今日は竹やぶの前で。EGS での山道ドライブ♪慣れて来ました!!

これから弁当持参で急坂を上ります♪網代の山の上に有る海を一望できる絶壁の上に有る絶景の公園があるのですが、連休中でもほとんど人影がありません。

あちらこちらに案内はあるのですが、なにしろ急坂を延々と登らないと到着しません♪登りきれば別世界が待っているのですが!!

パノラマグラス、まだそれほど暑く無いので活躍中。真夏は暑くて厳しいでしょうね?

シトロエンc4ディーゼル
シトロエンc4ディーゼル
シトロエンc4ディーゼル
野草2013.05.04 20:15

連休中で海岸線の道路は凄い渋滞です。道端の植物をみて静かに過ごさせていただきました。

アヤメに似た小さな花をつけるシャガ、ちょっと日影になったところでよく見かけます。この花をみると夏もすぐそこだなあと感じます。

ちょっと変わった形の植物、マムシグサと言う名前がついているようです。かなり個性的なお姿ですねー!

お陰様で緊急連絡もなく静かなひとときを頂いています。

野草
野草
野草
野草
静かな時間2013.05.03 15:31

海を臨む高台で静かなひととき♪小さな小川のせせらぎで太陽発見!!いつもはシトロエンc6ディーゼルで移動している道を、c4ディーゼルさんで移動です。

車体が小型で駐車はラクラク♪トランクスペースも十分で全然員文学の荷物も難なく飲み込みました。

水の流れる音を聞くととても癒されます♪娘は水に入ってオタマジャクシと格闘昼食、ワンコは日向でお昼寝! 時には何の予定もない気ままな時間も良いものです。

静かな時間
静かな時間
静かな時間
静かな時間
納車でした。2013.05.02 16:16

今日は早朝から出発して浜松へ。納車の旅でした。

走りだして、なんか乗り心地固いなあ!?と思っていたアルゲマさん、エアサスのエアーがすっかり抜けてしまってました。規定は三キロのところ一キロ以下に。ベローズがすっかりペッタンコ♪車を下ろしている間にエアー補給してすっかり元通りに! その後は快適なエアサスライド復活しました。写真はすっかり元通りに膨らんだベローズです!!

アルゲマさん就任してそろそろ二年!いろいろと活躍しました。二年間でおおよそ3,5万キロほど走破。私がハンドル握っている時間が一番長いのはこの子!!

シートの表皮が割りとそっけないグレーのファブリックなので、外のダークブルーにあわせてダークブルーのレザーで張替えたら素敵かな???なんていうことも考えています。

納車でした。
納車でした。
納車でした。
納車でした。
cxcxcx2013.05.01 09:57

今日はシトロエンCXが沢山並んでいます。会社の外の車庫、学校の裏手にあるので、この季節は校庭からの砂埃が凄くてほとんどの車にはボディーカバーを掛けてあります。今日はカバーを剥がして車をお見せしたので、車の撮影をしてみました。

シトロエンCXはデビューして40年近くが経過していますが、いまでも美しいボディーラインと素敵なインテリアは魅力的です。昨日もテストでシトロエンCX24を運転してみましたが、新しいエンジン制御で扱いやすくパワフルに生まれ変わってCX24パラスさん、とても30歳の車とは思えません!!排気ガスの臭いもしないので、この季節に窓を開けて運転するのも気持ちよいものです。

明日は浜松に納車の旅が待っています。連休中なのでちょっと道路の渋滞が心配ですが、、、、。早朝出発で渋滞回避をして行きたいと思います。

cxcxcx
cxcxcx

2020年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月

2019年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2013年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2012年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2011年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年

4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月