過去のアーカイブ

2010年 7月

C5ツアラ–ディーゼル2010.07.30 20:54

今日はC5X7ツアラーツインターボディーゼルで帰宅して来ました。ETCのアンテナをダッシュの中に隠して取り付けたので,動作確認をするためなんですが、、、。このツインターボ、どうみても2Lとは思えないドライブ性能です。静止からの立ち上がりはとても素早く、私が普段乗っているC6ツインターボディーゼルよりも早いのではないか???と思ってしまいます。あの小さな2Lディーゼルエンジンが引っぱっているなんて、俄には信じられない!1,7トンを超える車両重量にたった2Lですから。

今朝は朝一で横浜の大黒埠頭に行っていました。いつも閉店間際にやって来る私が、朝一で行ったので’あら珍しい、、、’なんて税関の人に言われてしまって。ギリギリが好きな私としては、帰り際に行ってギリギリで通関して、、、、ヤードで支払いとデリバリーオーダーの納入をして、終了というパターンが好きなのですが。。。。今日は午後には別の日程が有ったので,どうしてもそれが叶わず。

午後からはシトロエンC6ディーゼルの予備検査に向いました。国内での車籍を取るお仕事です。これが取れれば、あとはユーザー様の登録書類を頂くと国内での登録が可能と成ります。昨日のプジョーの登録もギリギリでしたが、今日はもっともっと遅くなりました。C6はエンジン形式の刻印が見えないので,エンジンブロックに識別出来る運輸省の記号を取り付けます。従来は本当にハンマーで打ち付ける刻印でしたが、このごろはシールを貼付けるようになりました。みたところはただの透明のシールなんで、落ちるのじゃないか??と思ってしまいます。’コレが落ちたら貼り直ししてくれるのですか???’と聞きましたら、’これは一応ズーゥと落ちない事になっています。。。’なのだそうです。最新の落ちないシールという事なんでしょう。

週末にお渡し予定のC5エステートベールギャラン、とっても綺麗になってクリーニングから戻って来ました。ベージュレザーのトリムは明るい感じで綺麗です。

今日はお昼もおにぎりをかじっただけでズーっと動いていましたので、何とも長い一日でした。今日も一日無事に過ごさせて頂いてありがとうございます。

C5ツアラ–ディーゼル
C5ツアラ–ディーゼル
tagami 様2010.07.29 19:01

昨日メールをいただいたtagami様、メールの返信を入れさせていただいたのですが、戻ってきてしまいました。

恐れ入りますが、もう一度メールをいただけますでしょうか?
私のメールは
竹村(小文字のアルファベット)@javel.co.jp

です。

よろしくお願いいたします。

竹村

シトロエンじゃない。。。車が、、、2010.07.29 18:33

今日はシトロエンではない乗り物が2台も入っています。ボルボ850君とプジョー307。

午後から307の予備検査取得に陸事に行ってきました。いつものギリギリ時間に出発したのですが、途中で忘れ物を思い出して工場に戻ったので、今日は本物のギリギリでした。コースから出たのは終了時間4時の数分前、、、、。

登録のセクションに向かった時間は、すでに受付時間を過ぎてしまっていました。お蔭様で何とか無事に登録作業を済ますことが出来ました。

小型のプジョーはなかなか良く走ります。4,2mの小型車にC5ツアラーと同じ135馬力のディーゼルでおまけにマニュアルミッションですから。踏み込むと、かなり強烈に加速します。

来月中旬のお渡しを目指して整備作業に入らせていただきます。

生かしていただいてありがとうございます。

シトロエンじゃない。。。車が、、、
シトロエンじゃない。。。車が、、、
C5エステート2010.07.28 22:10

昨日に引き続きC5エステートのテストをしています。昨日と今日と延べで120KMくらいドライブしてみましたがサービスマークが点灯する事も無く、安定して元気に動いてくれています。昨日は突然ウインドウウオッシャー液が出なくなってしまったので,モーター交換を行いました。

今日でも十分に暑く良い汗をかかせて頂いています。腕の下が痒いと思ってみてみるとアセモが沢山出来ていました。

C5君は新しいタイヤを試してみました。トーヨーのテオ+です。以前にここでお薦め頂いた事があって、それを思い出して履いてみました。走行音も静かで良いエコタイヤの様です。ソフトな乗り味をお求めのユーザー様にはお薦め出来そうです。

明日はプジョー307の予備検査に行く予定です。明後日はC6ディーゼルの予備検査、、と車検所通いが続きます。

先日はC6の夜間ドライブ風景を撮影したので、今日はC5でやってみました。もう1枚は昨日のCXの高速道路テストのショットです。ミニバンと並走していますねぇ。

C5エステート
C5エステート
C5エステート
C5エステート
2010.07.27 21:44

今朝の森林公園でせみさんの抜け殻を発見。私は夕方によく鳴くヒグラシという蝉の声が大好きです。暑い日でも、ちょっと涼しくなっているような感覚に。

この暑い最中に、CXフアミリアールに取り付けさせて頂いたモーテックエンジン制御の調整を行っていました。エアコンをつければ良いでしょう??と思われるかも知れませんが,調整中はエアコンを止めて高速道路では窓を閉めて行っています。エンジンのノッキング音が出ていないのか???を確認しながらギリギリに点火タイミングや燃料を調整して行きます。窓を開けて風が入ると煩くて音が分からなくなってしまうので。
第三京浜でこの作業を行っていますが,横浜と東京インターを往復する室内は蒸し風呂のように暑くなって来ました。

お蔭様で無事に調整も終ったので,今週にはユーザー様にCXファミリアールをお返し出来そうです。しかしここ数日の暑さは尋常では有りません。作業を着ているので、身体中が汗でべとべとに。夏用の作業服も有るのですが半袖ですと腕に怪我をする怖れがあるので、夏服は殆ど使われる事なく放置されています。結果、メカ達は一年中同じ長袖でとおしています。

第三京浜では、いろいろなスピード域の調整もやっています。メカのSはPCの画面とにらめっこ、私はハンドルを握って前方と後方をにらめっこしながら皆様の邪魔にならないように交通の流れの中でギリギリの調整を探し続けます。

全ての細かい調整や修正を終えると、蝉が抜け殻を脱ぐように一皮むけたヌーベルCXが出来上がり、、、と成ります。抜け殻は不要のようでは有りますが,これがあってこその現在ですね、、、、。

生かしていただいてありがとうございます。

夏
夏
珍しく本物のデジカメで撮影してみました。2010.07.26 17:22

先日千葉港に行った時に、珍しく携帯カメラではなくてデジカメ(浅田真央チャンが宣伝していたピンクのやつね、嫁さんの好みです)で自分の乗っているC6ディーゼルを撮影してみました。船に向って行く構図が割と好きです。

保税倉庫付近は普段は立ち入り禁止区域ですので、通関時の現物確認や引き取り等の用事がある時にしか行く事が出来ない場所です。岸壁に車を駐車して撮影が出来るので,普段なかなかお目にかかれない構図が可能です。

いつもの曽根カメラマンの真似をして、、、短時間でパチリと押すのですが、、、、。出来具合はねー。残念ですが似ていません。

珍しく本物のデジカメで撮影してみました。
珍しく本物のデジカメで撮影してみました。
珍しく本物のデジカメで撮影してみました。
珍しく本物のデジカメで撮影してみました。
プール2010.07.26 14:52

昨日に引き続き,今日も娘を連れてプールに行く事になりました。娘と娘の幼稚園のお友達の男の子を引き連れて根岸にある大型の流れるプールに行きました。このプールは根岸駅から歩ける場所にあって、大型で水が流れるので人気が有る様です。公営(??たぶん)なので使用料もお安く平日でもいつも大混雑。私はここに行くのは2度目ですが、、、、。いつも帰り際にもう次は無いな!!と思ってしまいます。写真はこのプールではなくて、昨日の篠原園地のプールです。根岸のプールの人口密度はこの5倍以上、、いやもっとかも。篠原園地プール、静かで平和で大好きです。

プールで子どもたちがかき氷を食べたい!!と主張して居たので、プールの帰り際にヨコハマ市内にある古い甘味どころに行きました。(プールのかき氷は苦手なので、、、、)本物???のかき氷。あの大きな氷を大きなスライサーにかけて削ったやつはやはり一味違います。子どもたちは苺ミルク、私は宇治金時ミルク、嫁はミルク小豆。夏に一度はここでかき氷を食べないと夏が終りません!!

このお店は最近ではちょっと見かけない、純和風の町の甘味どころです。私がこどもの頃には,こういうお店は会社に周りの武蔵小山にも多数存在していましたが,現在は私が知る限りほとんど見かけなくなってしまいました。LIFE Blogに詳細をアップさせて頂きますが,,,。昭和40年代に見た甘味どころが、そのままの姿で残って営業されています。

5歳児を二人相手にするのはなかなか体力が必要です。グッタリして自宅に戻って来ました。C6ディーゼルはこの暑さでも元気に動いてくれますが,流石にエンジンのピックアップがちょっと落ちて来ているようです。暑い季節はターボエンジンは苦手ですからねー。

20年前に乗っていたCXターボ2ディーゼルは、夏に成ると目に見えて加速が悪くなっていたのを思い出しました。煙幕ディーゼル車でしたが,いろいろなところに連れて行ってくれました。

プール
プール
さらに暑い休日2010.07.25 20:16

今日も朝から猛暑でしたね。昨日は会社に夜9時くらいまで居て、帰宅したのは10時くらいでした。それから食事をしてしまったので,暫く起きている事にして寝たのは翌日の朝2時くらい。娘は私が何時寝たのか??なんておかまい無しですので、6時に成ると私の上にドンドンと乗っかって起きて!!攻撃を。仕方なく、重いからだを引きずって布団から出て行きました。廊下に出ると、愛犬のサンも目で’お散歩行こう!’攻撃です。観念して身支度をしてサンとお散歩に。自宅に戻ると既に朝食も出ています。

娘はすでに今日の予定を決めているようで、私は娘を連れて朝一で篠原園地のプールに行く事に成っているとのお達しを。篠原園地は六角橋商店街のすぐ側の緑地で、夏にはプールが有ります。ここのプールは県営らしく、料金は無料!!子ども用の浅いプール2個ですが、住宅と小さな森と池と公園に囲まれた憩いの場所と成っています。

園地の池では睡蓮が満開でした。夏の花ですねー。子どもたちはこの暑さでも全く元気に遊んでいます。午前中をここで過ごして、帰り際に六角橋のヤガヴァンさん( LIFE blog に詳細あります)でパンとお茶をゲットして帰宅。

昼食が終わると次成る日程がある、、、、とのお達しが。近所の森林公園で遊ぶのだそうです。もう3時過ぎていたので日差しも穏やかになってきていたので、私は木陰のベンチでしばしのうたた寝を。娘は元気一杯遊びに熱中していました。

今日は夕方に取材の予定が有るので,娘の遊び相手は早めに切り上げてC6ガナッシュ君を連れてガススタへ。外装があまりにも汚れていて撮影は厳しいのでクイックで洗車をお願いしました。

撮影はごく短時間で終了して、その後は皆で近所の喫茶店エレーナさんへ(life blog に詳細あり)夕方なので、美しいヨコハマの風景と美味しいスイーツで一日の締めくくりと致しました。

生かしていただいてありがとうございます。

さらに暑い休日
さらに暑い休日
さらに暑い休日
さらに暑い休日
暑い2010.07.24 19:47

今日はさらに暑い一日でした。

工場内はこの暑い日に暑いエアコンの作業を行っています。

この猛暑でCXのエアコンシステムは限界ぎりぎりのところに居るようです。冷蔵庫のようにひやすにはさらなる対策が必要なのかも知れません。

いま製作中のCXアンビュランスのエアコンはトリプルコンデンサーを装備しています。ラジエター前に1個とリアのシートのしたあたりに無理やりスペースを作って小型を2個。さて、どんな風に動くのか???

C5エスステートの準備が進んでいます。来週は路上でテストの予定です。

C5エステートの最長ドライブきろくの映像をユーザー様からいただきました。満タンで1000キロドライブ可能なディーゼルターボオートです。燃料残量警告ランプが点いた時点の映像だそうです。ありがとうございます。

生かしていただいてありがとうございます。

暑い
暑い
暑い
通関2010.07.23 20:39

千葉の港に入港したシトロエンC6ディーゼルの通関に行って来ました。

今回の車両は実際の車体番号と船荷証券に載っている車体番号が違っていたので,いつもとは順番が違って,まずは港の保税倉庫で車体番号の確認をする為に実車にご対面に行きました。いつもの保税倉庫に行くと、なんとしたことか!!!私の一番乗ってみたいシトロエン以外の車がそこに鎮座しているではありませんか。その子はPANHARD24いつか機会が有ったらハンドルを握ってみたいし、ジックリと側で仔細に眺めてみたいと思っていた車です。

私がこの車を見たのは生涯でいままで2度だけです。一度は会社の前を通る中原街道で雨の中で反対車線を走っている所を。とっても変わった動きをするワイパーをみて!!!なんだあれは!!状態でした。そうしてもう一度はフレンチブルーの会場で走り去るところを、、、。今日は側に寄ってみれるという幸運を頂きました。車体の色も私が一番欲しいと思っている紫色。デビュー当時のデモ車の色がこの色だったと記憶しています。

今日はジックリと至近距離で観察する事が出来ました。この車はフランスから来た様です。みれば見る程面白い形です。会社がシトロエン傘下に入って、この車をベースにシトロエンGSが作られたとも聞いています。ぜひ乗ってみたい!!!850ccのフラットツインエンジンらしい。実は20年前に一度手に入れようとした事がありましたが、、、何となく破談に成ってしまいました。

お蔭様で入港したシトロエンC6ディーゼルは、内外共に良好でお待ちいただいているユーザー様にもご満足頂けるような状態でした。とても良い事なのですが、24を見てすっかり興奮してしまって、、、、。

数ヶ月前にノスタルジックカーショーで、フェラリやランボ等の名だたる名車を前にした時には,とっても冷静でスーカーカーの写真も殆ど撮影しなかった私ですが,今日はもう必死にカメラに24の車体を納めていました。

24。バァントキャトと発音するんだとフランス人の友人に教えられました。日本ではパナールと呼ばれていますが,どうもフランス人が発音しているのを聞くと
パナァーとしか聞こえません。

またいつか逢えるといいなぁー。手元に有ったら、排気ガス浄化装置だけを取り付けてときどきお散歩に連れ出したい。オフショアーの日に国道134をドライブがよいかな?

オジさんが30年前の車大好き少年に戻ったような暑い夏の午後でした。

通関
通関
通関
通関
今日も暑いですね。2010.07.22 20:50

夏本番です。車の外気温計は38℃を指していました。スチームバスのような暖かさですが,お蔭様で元気に仕事を進めさせて頂いています。

今日の工場はCXが入れ替わりで沢山入っています。一番置くのリフトの上が定位置だったCXファミリアール、やっとエンジンが始動してリフトから降りる事が出来ました。外したダッシュを元に戻して、段々と体制が整理されて来ています。ユーザー様ご家族の元気なトランスポーターとして活躍出来る日ももうすぐです。

C5ベールギャランも納車の準備中です。先週末に駆け込みで登録を終了しているので、サービスマークが点灯してしまう問題を解決出来ればお渡し出来るようになるのですが、、、、。見たい時には待っているものが出て来てくれなかったりします、、、。
明日再挑戦です。

白のCX25は車検が終了して、最終チェック中です。お渡ししようと思ってたら,また違う問題が出てきてしまったりして、、、、。終わりました、、、とお伝えしてから半日以上も触り続けしまいました。でももう大丈夫な様です。

私たちでつかう予定のシトロエンジャンピートランスポーター、そろそろ細かい仕様も決まって来てオーダーというところまでやって来ました。排気ガスが現状で一番クリーンな物を求めているので,結果として一番エンジンが大きくて値段も高いやつになってしまいました、、、、。3L4気筒ディーゼルターボでFAP(おなじみの黒煙フィルターです)付き、フロントもリアもエアサス付き、、、。価格の低いモデルには、FAPフィルターの設定がありません、、、、。これを後から取り付けようとすると100万円以上も掛かるので,高い価格には目を瞑ってトップレンジの物を選ぶ事に成りそうです。それでも、後からフィルターを付けるよりは値段が抑えられます。

小型エンジン車両は同じモデルでもFAP無しでもユーロ5を取得していますが、私たちの会社ではディーゼルでFAP無しのモデルはシトロエンでも販売しないとHPのコミットメントでお伝えしてしまっているので,トラックだけは例外で黒煙がでちゃいます。。は避けたい。という消去法でモデルがきまりました。

日本の路上デビューは来年からと成りそうです。最後に車体の色を決めないと、、。

今日も暑いですね。
今日も暑いですね。
シトロエンC6ディーゼル2010.07.21 21:40

今日は九州のC6ディーゼルユーザーY様が、東京出張の帰り道にお立ち寄りいただきました。最近はちょっとエンジンが不調で、、、、とのお話が有ったので、その相談と対策を、、、という事でしたが、燃料を入れているスタンドを変更したらエンジンの不調が無くなってしまった、、、、との事でした。私たちの身体は食べ物で出来ていますが車は燃料で動いているので、やはり良いお食事を与えてあげると良い結果が出るのかな???というようなお話でした。

去年の4月の納車させていただいて、それから1年ちょっとで3万k近くドライブされたそうです。九州は車にとってはとても環境が良い場所との事で、C6ディーゼルの平均燃費は常に12−13kmくらいとのことでした。昨日は福岡から鹿児島までの往復で16kを超える燃費を記録したそうです。あの巨体がリッター16はなかなかの数字です。

私とYさんは同じC6ディーゼルユーザーなので,話の焦点はC6の事になります。どうしてC6は人気がないのでしょうね???かっこ良いと思うんだけれども、、。と成りました。内装もシンプルで良いと思うのだけれども、、、、、。世間一般ではあまり認めてもらえないみたいです。

今日の帰り道はC6ディーゼルからみた夜景を撮影してみました。C6乗りはこんな風景を見ながらドライブしています、、、、、。ヘッドアップディスプレーがフロントウインドに速度を映し出します。役に立つか???と言われると???ですが、素敵な演出だと思います。シトロエンはこんな遊び心が満載です。

シトロエンC6ディーゼル
シトロエンC6ディーゼル
シトロエンC6ディーゼル
シトロエンC6ディーゼル
プジョー307HDI2010.07.20 20:35

千葉の板金塗装屋さんからプジョー307ディーゼルを引き取って来ました。いままで会社の周りを数分くらい動かした事は有りますが,本格的に100k以上の距離を走るのは初めてです。ちょい乗りでも分かっていた事ですが、この小型プジョーはとても良く出来ています。

室内はディーゼルを意識させられる事は皆無と言って良いと思います。振動も音も、、、ディーゼルにしては、、、、という但し書きは不要です。307のガソリン車をドライブした事がないので不明ですが、C5の経験からするときっとガソリンよりも静かなのでしょう。高速域では6段ミッションのお陰で巡航中のエンジン回転はとても低く(100kで2000回転以下)に抑えられていて,路面からの騒音も良く遮断されています。205−50−17という小型の車体には似つかわしくないファットで扁平なタイヤを履いていますが,このタイヤを見事に抑え切っています。15−16インチでも大丈夫な車体なので、試してみたいのはインチダウンですね。

加速はお見事です。1,5トンに満たない車体にC5達と同じディーゼルターボ135馬力をマニュアルミッションで引っぱるのですから。アクセルを踏み込むと、獰猛な加速をしたりもしてくれます。流れに乗るだけならば、ちょっと引っぱってどんどん高いギアに入れて行きます。用事がある時にはちょっと踏み込んであげると、そのままのギアでグググっと車体を引っぱって行きます。

クラッチも軽く、ギアのストロークも短くて綺麗に決まるので,マニュアルミッションの煩わしさはあまり感じる事が有りませんでした。この車の車高がもうちょっと低ければ,会社での日々の移動の足として使いたい所なんですが、、、、。会社の裏のルノー5の入っている駐車スペースには、ルーフが高過ぎて入る事が出来ません。ビルトイン2DINナビも装着可能で、お仕事の伴侶には最適なんですが、、、。ルノーの3倍以上燃費が良いと想います。(スーパー5はリッター5kmです、、、)

シートもとても秀逸でした。大柄でフカっとした気持ちの良いシートです。このモデルはGTでは無いので,ハーフハイド(イギリス人の大好きな半分皮、センターがファブリックでサイドがレザー)仕様のシートは身体が汗ばむ事も無く快適でした。

本当に残念です、あと5cmルーフが低ければ!!!良かったのに。リッター当たり軽く20kも走れる素敵なフレンチディーゼルサルーンでした。

プジョー307HDI
プジョー307HDI
みなとみらい2010.07.19 21:23

今日は珍しく市営バスでお出かけをしました。娘の幼稚園のお友達と野毛山動物園で待ち合わせです。こんな真夏日なので、いつも満員御礼状態の野毛山動物園ですが今日は静かに佇んでいました。

娘の目的はネズミや鶏達を触らせてくれるコーナー。入場すると直ぐにそこに直行して、1時間以上も小動物達と触れ合っていました。子どもたちはネズミや鶏を触るのが大好きみたいで安心しました。ゲームのバーチャルワールドばかりに触れていると、動物達の温もりを忘れそうですから。

私は初めて蛇を首に巻き付けられました。アオダイショウという田んぼなんかに居る蛇ですが、首に巻き付ける体験はとてもユニーク。ちょっと冷やっとしていて、湿り気のある不思議な手触りの生き物です。娘も怖がらずに、蛇さんに舌に触れていました。

野毛山動物園の閉園は4時30分なので、その後はみなとみらいの公園まで歩いて遠征に。その公園は日本丸という帆船が停泊している所にある芝生が有るだけの場所ですが、海を一望出来る港町ヨコハマを実感出来る素敵な場所でした。

そこでも子どもたちは走って奇声を発して、ちょっと周りのアベックさん達には迷惑な存在だったかも知れません。付き添いの大人達は、海を静かに眺める時間と成りました。写真の変わった形の建物は私の娘が言う所の’スイカのホテル’(カットしたスイカに種がポチポチといているのに似ているそうです)、横浜インターコンチネンタルホテルと、巨大コスモクロックです。船は水上バス。一度も乗った事がないので、今度ゆっくり楽しんでみたいです。

帰り道の市営バスは、ブルーテックシステム(ディーゼルの排気ガス規制で尿素を浸かってNOX低減を測るもの、ベンツでも使われています。)付きでした。ちょっと前までの市営バスは、黒煙モクモクだった事を思うと隔世の感が有ります。走り去るバスからは、煙らしいものも見えませんでした。

私たちの車載専用車も最新ユーロ5対応の物と成る予定です。もちろん強力なシトロエンではおなじみのイビデン製DPF(日本のメーカーです)付きでスモークは無し。

今日は一日静かなお休みを頂きました。生かしていただいてありがとうございます。

みなとみらい
みなとみらい
DS vs C62010.07.18 12:33

先日DSを板金やさんに入れる為に高速道路で移動中にサービスエリアに入りました。その時にサイドから観たDSは、、、、。なんともC6のサイドショットとプロポーションが似ているなーと思ってしまいました。

世間ではC6のリアガラスがCXに似ているということが良く指摘されていますが,C6のサイドショットとDSを比べてみると、、、、、。

ジャッカルの日という映画で黒のDSがズラリと並んでいるシーンが有りますが,現代版ジャッカルの日は黒のC6がズラリと並ぶのでしょうね。

DSの現代版としてデザインされたC6、DSがとても長命だったにも関わらずC6は割と短命に終わってしまうのが残念で成りません。

C6もDSも今日まで数えきれないほどの回数を観て来ましたが,サイドショットを比べてみてプロポーションの近似性には先日初めて気がつきました。

最近の傾向では多くのカーメーカーが60年代に人気の有ったデザインの車両の現代版として、誰が観てもそれと分かるような形で市場に送り出して来ました。そのどれもが,ある程度の評価と商業的な成功を納めて来ました。それを見極めた上で、シトロエンはC6をDSのそっくりサンにはしなかった!!大げさかもしれないけれども,その心意気をとても嬉しく想いました。

私が常々シトロエンに心の中で願っていたこと、、、、、それはDSや2CVのそっくりサンの現代版を作らないで欲しい、、、、という物でしたので,,,。マーケッティング的には社内にもそのような意見も有ったのでは???と推察されます。それでもあえてC6をあのような形で出してくれたことに感謝しています。

C6の内装デザインは退屈である、、、というような声も聞きますが,私はこれもシトロエンの伝統と解釈しています。DS、SMの内装を観て頂けると御理解頂けると想いますが,エクステリアに比較するとインテリアはどれも控えめなデザインです。最近の高級車はどれもギラギラ系が多い様ですが,C6のインテリアはそれらとは対照的なデザインです。シトロエンはあくまでも道具として車のデザインを捉えているように思っています。シンプルな実用性の中に見え隠れする遊び心、これがシトロエン流ではないかと。ギラギラでもなくさりとて凡庸でも無く、ちょうどよい落としどころを探した結果がこのデザインなのではないかと思っています。

C6は現代の最新技術を盛り込んだ現代の車両です。このC6がローテクなDSやCX達のように年代を超えて生き続けることは難しい事だと想います。どこもかしこも電子制御で修理はダイアグ頼みの作りなので。旬の内に(メーカーから部品が潤沢に供給されている間)に楽しんで行く乗り物であると理解しています。

お蔭様で私はリアルタイムでC6に関わる事が出来ています。シトロエン屋として生かしていただいて有難うございます。

DS vs C6
DS vs C6
今日2010.07.17 18:21

今日はクラシック系に占有されていました。CX3台が並んでいます。

関西からの弊社CXユーザー様に、弊社最新のデモカーCXプレステージュモーテックにお乗りいただきました。CXの走りが変るモーテック仕様、今度はターボ2オートモーテックに挑戦してみます。より良い走りと静粛性、そして信頼性の獲得を目指して進ませていただきます。

DS黒がユーザー様に引き取られてゆきました。ナビ用のカメラ取り付けとLHM漏れの修理でした。DS様、美しいです。走り去るDSは深くお尻を沈めて進んでゆきます。

道路上ではルージュXMがなにやら作業中。結局は終わらずに、お預かりとなりました。

今日も暑い一日でしたね。クラシックシトロエンのエアコンの調子はいかがですか?

今日
今日
今日
今日
今日の駐車場2010.07.16 17:20

お蔭様で満杯御礼状態です。車庫は口まで車が一杯となってしまいました。

今日はC5エステートの登録に土浦まで行って来ました。お客様と車検場で待ち合わせをさせていただいたのですが、約束の時間に遅れてしまってご迷惑をお掛けしてしまいました。申し訳ありません。ナビを過信してしまって、、、、はじめに到着した場所は土浦の車検場ではなくて、土浦の軽自動車の車検所でした。軽自動車だけは別の場所で車検を取るんです、、、ご存知でしたか???品川も品川車検場の近所に軽自動車専用の車検所を備えています。

そんなこんなで道に迷っているのに、ナビは目的地に到着しました、案内を終了します。、、、’と来ました。

その前にも、高速道路ドライブ中に’目的に到着しました、、、、’と来たので????となったばかりでした。確かに地図上では高速から飛び降りたらすぐだよなーという状況でですが、、、、。仕方なく料金所手前で再設定したばかりでした、、、。

今日使っていたのは簡易型ナビで、車速シグナルもETCとも連動していないものなので、この辺が限界なのかな???簡易式にすべての情報を入れてあげると、どれくらいの精度になるのでしょう??まだやったことがありませんが、、、、。

行きは道路自体はとても空いていましたが、帰り道はすばらしい渋滞に巻き込まれてました。環状線までずーっと渋滞で、帰りは行きの倍の時間が掛かってしまいました。道路は空いていると早いですが、、、、。動かない道路はねー。

車検場でお客様にいただいた冷えたお茶で生き返っていたので、お蔭様で渋滞の中もラジオを聞きながら楽しく過ごさせていただきました。ありがとうございます。

今日の駐車場
今日の駐車場
今日の駐車場
今日の駐車場
今日2010.07.15 16:47

そろそろ梅雨あけとなりそうです。今日は夏らしい暑い暑い一日でした。

先週までは車庫はガラガラだったのですが、今週は一転して車庫は満杯となりました。

工場はちょっと古い車たちで一杯です。CX,DS、そしてXティア、、、。15年前のシトロエン工場の日常のようです。

車庫が一杯で入れないので、CXが道路に止まっています。上から見ていますが、CXのプロポーション特異で美しいです。ユーザー様がお見えになって走り去るCX2、美しい後姿です。25年前の車なのに、それを忘れてしまっている、、、と仰っていました。確かに、、そうですねー。車の外見は変りませんが、私の髪の毛はすっかり白が目立つようになりました。

見ても乗っても楽しい、そんなシトロエンに出会えたことをとても幸せに思います。

CXやDSをもっとアップデートしたい!!!そんな欲望がめらめらと浮かんできている今日この頃の私です。

CXターボ2オート、早いには早いですが、はやり低圧縮なので、静止からの立ち上がりはいまひとつです。モーテックをつければかなり改善できるのでしょうね。行っときますか????モーテックCXターボ2オート。という雰囲気です。

シトロエン屋として生かしていただいてありがとうございます。

今日
今日
今日
今日
DS2010.07.14 18:36

今日はDSを塗装屋さんも持ち込んで、その帰りの足で内張りやサンからCXターボ2オートを引き上げて来ました。

ショットはサービスエリアでのDSですが、真横から見たプロポーションはC6そっくりだなーと思ってしまいました。もともとC6は現代のDSを作りたいという意向でシトロエンが形にしてものだそうですので、さもありなん。。ということでしょう。

久しぶりにDSで高速ドライブを致しましたが、この車年齢36年のオールドタイマーは現代の交通の流れについてゆくどころが、リードをして高速巡航が可能です。絶大な安定性は、当時の水準からするとスーパーカー並みのものだったのでしょう。現在のシトロエンの水準でも十二分なスタビリテです。

高速巡航中のマナーは、CXというよりもC6に近いような感じです。
陸の巡洋艦編隊をC6と組んで、地の果てまでドライブしたいです。
今度DSとC6のツーショットをSカメラマンにお願いしましょう!!

久しぶりのDS高速ドライブ、とても楽しかったです。

DS
DS
DS52010.07.13 21:51

さて、昨日お約束したDS5の映像が載っているサイトのアドレスです。

http://www.autobild.de/artikel/citroen-ds5-concept_852311.html?bild=24&now=19#mmg

このまま生産化をすのかどうか??内装はかなりすごいのでこれはないのでしょうが、、、、。外見はかなり派手ですね。

今日はプジョー307の通関に千葉まで行っていました。マニュアルミッションの小さなディーゼル車です。プジョーがやってくるので、今月からはプジョー用ダイアグ、プジョープラネットシステムも導入となります。

うちのC6君の映像は普段は立ち入り禁止の保税倉庫の岸壁です。
昨日と今日と二日連続で千葉入りですが、、、、実は明日も千葉入りの予定です、、、、。どうしたことなのでしょうね。千葉に呼ばれている私でした。

DS5
DS5
DS5
DS5
シトロエンC6ディーゼル2010.07.12 22:52

シトロエンC6はあと2年以内に生産中止が決まっている様です。その話は去年のヨーロッパの代理店会議で発表になったそうです。待ちにまってやっとデビューしたC6ですが、メーカーの思惑とは違い一般市場の人気の方は今ひとつとのことです。私個人としては、特徴的なスタイリングとシンプルなインテリアデザイン、そしてディーゼルエンジンのもたらす卓越した動力性能、どれをとっても傑作だと思っているのですが,,,。世間の一般の評価は違うのでしょうね。とても残念です。でも、もしもC6がプロペラのように多量に路上に存在したら、それはそれで不気味でもあります。

C6に次にやって来る車両は開発が急ピッチで進められているようです。エンジンは2Lディーゼルターボ、それに電気モーターを組み合わせてハイブリッドシステムを構成する様です。燃費はC6ディーゼルの半分だとか。強烈な低燃費の大型車です。今のC6ディーゼルでも、以前のXM3Lに比べると燃料経費は半分以下まで削減できているのですが、、、。さらに、、、。ハイドラシステムも健在の様です。それが一番の懸案事項だったので、まずは一安心。

この計画通りにことが運ぶとすると、いまここにあるシトロエンC6ディーゼルは最後の純粋な内燃機関で動く大型シトロエンとなる可能性が極めて大です。C6ディーゼルは古典的な自動車の楽しみを味わうことが出来る、最後の大型ハイドロシトロエンサルーンとなるのかも知れません。

今日は用事があって、千葉とヨコハマを往復しました。家族は例に依って後席で爆睡していますが、私はジャズを聞きながら独り楽しく高速ドライブを楽しんで来ました。

C6の後継はDS5と呼ばれる様です。車体はC5とは全く別ものとなるそうです。メーカーが出したかどうか???不明ですが,内外の映像が海外のウェブで出ていました。ブックマークしてありますので,明日にでもここにリンクさせて頂きますね。

シトロエン屋として生かしていただいて有難うございます。

シトロエンC6ディーゼル
シトロエンC6ディーゼル
夏のような日差し2010.07.10 13:53

今日は朝から夏らしい一日となりました。雨の日々が鬱陶しいとも思っていましたが、この強い日差しもなかなか厳しいものがあります。もう少し梅雨、続いても良いかも知れません。夏本番まであと少し時間をいただけると嬉しい。

会社のデモカーシトロエンCXプレステージュのエアコンが不調です。ドライブ中にプシューっと音がしてエアコンが冷えなくなったようです。調べると、配管の一部が抜け掛かっている場所を発見。さっそく修理です。134冷媒システムはとても高圧になるので、各部分の接合は強度が要求されます。CX用のエアコンホースは私たちが1本づつ寸法を決めてフィッティングを付けて使えるようにしているものです。手作りのような製品です。

リフトの上ではC5エステートの納車準備が進んでいます。まだ5万キロちょっとしか走っていないC5ですので、これからも元気にユーザー様の足となって動いてくれるように調整中。

初めてC5を触ったときは、レキシアという最新のダイアグになれないこともあってこわごわでしたが、もうずいぶんとなれてきました。何事も始めては緊張します。

私が始めてCXを触ったとき!!!初めてXMのダッシュの中の無数の配線を見たとき。初めてからだんだんと慣れてきて日常となってきます。

初めてDSを触ったときは、本当に恐かった。ほとんど知識もないままに、サービスマニュアルを頼りにちょろちょろと触りだしました。当時は複雑でぐちゃぐちゃだと思っていたエンジンルーム、今は見慣れた光景です。

今年は竹村モータースからJAVELに改名して20年となります。今村先生の書斎での命名のあの瞬間、今も鮮明に覚えています。

いまJAVELの新ステッカーを製作依頼してあります。今回はドイツ人のインダスダストリアルデザイナーさんにお願いしてあります。ご自身もDSとXMとCXを所有されるシトロエン色の若きデザイナーです。もうお願いして半年経過したかな???

夏のような日差し
夏のような日差し
今日2010.07.09 16:21

シトロエンC5エステートがあがっています。ユーザー様のところに行く準備中です。車検整備といろいろな修正作業を行います。まずはリフトに上げていろいろと点検中です。これからお客様の手足となって働かせていただくので、途中で問題が起きないように!!と準備をさせていただいています。この子は初期型c5の最終型で、ワゴンですがベージュのレザーシートを備えています。あまり見たことのない珍しい仕様です。2Lのエクスクルーシブモデルのようです。、

奥のCXはまだ部品待ち中です。モーテックのパーツがなかなか来ません。困りました。来週には、、、とのことですが、、。モーテックの為に作業が中断してしまって、、、、。

DS君はナビやバックカメラの取り付けが終わりました。いまは細かい修正作業を行っています。そろそろユーザー様にお返し出来るような状態になってきました。

生かしていただいてありがとうございます。

今日
今日
今日のJAVEL2010.07.08 16:54

今日はDS21のナビ取り付けとC6ディーゼルのHPポンプの交換を行っています。

DS21はフルレストアをした固体です。ツインエアコンも備えているので、真夏でも安心してクラシックを楽しむことが出来ます。
ナビとバックカメラを装備して、まさに現代式のフル装備をしたDS21となります。

その隣ではC6のHPポンプ交換中。ポンプのフューズが飛んでしまいました。フューズを入れるととりあえずは動きますが、通常はフューズが飛ぶのはおかしいので念のために@ポンプを新品に。いままでのシトロエンは機械式でしたので、こんな問題が起きませんでしたが、、、、新しい車の新しい問題です。銀色に光っているのが電気モーターのポンプです。

モーテック取り付け中のCXは部品待ちです。モーテックのクランクセンサー用のディスクが来ません。これがないと全然進めませんので、、、、。

今日のJAVEL
今日のJAVEL
今日のJAVEL
今日のJAVEL
梅雨2010.07.07 20:43

今日はたなばたですが、あいにくの雨となってしまいました。写真は根岸森林公園からの早朝の太陽ですが、こんな清々しい朝日を最近は拝むことが有りません。明るい日差しが待ち遠しい今日この頃です。

今日は会社のシトロエンCXターボ2オートを内張りやさんに入庫して来ました。天井の内ばりがダラっと下がって来ていて,運転していても頭に触れるのであまり気持ちよくありませんので、、、、。ターボオートで始めての長時間高速ドライブでした。いままでは第三京浜でほんの10分程度の高速ですが,今日は1時間位は空いた高速をドライブ出来たので,ターボオートの高速テストはこれで終了という感じです。高速域でも全く問題は無いので,もうこのままで何処でも乗って行けそうな雰囲気です。ガバっと踏み込むとヒューっと軽い唸りを上げて車体をぐんぐん引っぱって行きます。いままでのオートマノンターボでは有り得ない加速を開始します。せっかくのハイパワーですが、ミッションのギア比の関係で最高速度は頭打ち。200kmは出ない様です。あと1段上にギアが有ればなーと。

帰り道は板金塗装が終了した代車フリートのルージュクサラ君です。久しぶりの高速ドライブですが、、、金属サスのシトロエンも侮れません。素晴らしい直進安定性でソフトな乗り味です。クサラ君一般的には全く不人気ですが、騙されたと思って乗ってみて欲しい1台です。私も乗るまでは????でした。フランス製実用車のお手本のような乗り物では。

今日はPCがおかしくなってしまってメール等の返信が遅れてしまっています。ひらがな入力が突然出来なくなってしまいました。再起動を2回もしても全く同じ。仕方ないので,別のPCにメールを転送してそこから返信作業をしていましたが、、、。
また明日どうなっているのか???このカキコは自宅のアップルからです、、、。

昔は調子が悪いPCはアップルだと思っていたのですがうちのOSタイガーは全く好調です。,,それに引き換え、最近はウインドウズが不調です。どうしたことなのでしょう。レキシアもウインドウズで動いているので自分で使うPCもウインドウズに変更して数年経過していますが,未だにウインドズには慣れません、、、。

ショールージュのピカソ君もお嫁入です。生かしていただいてありがとうございます。

梅雨
梅雨
後ろ姿2010.07.06 18:16

路上でインプレッサを目撃しました。派手なテールスポイラーに驚きました。効果あるんでしょう。二階建てのハシゴみたいですねー。

シトロエンのスポイラーは割と控えめです。初期型XMのスポイラーも割と大きい物でしたが,ボディ―ラインにとけ込んでいて私は割と気に入っていました。後期型は小型かされましたが、、、、、。私的にはXMには初期のオリジナルデザインの方が似合っていたように思えました。

CX25はリアにスポイラーを備えていますが,ターボ用はさらに大きな物に変更されています。これは伊達ではなくて明らかに効果があります。ただ、それを体感出来るのは、お巡りさんに言えないような速度域だけのことですが、、、、。

CXプレステージュターボは大型のスポイラーを備えませんでした。長く美しい車体には控えめなスポイラーがよく似合っていると思います。プレステージュモデルはもともと安定感が絶大ですから、スポイラーを大型化する必要がなかったのでしょうね。

C6のスポイラーは普段は隠れています。用事があるときだけグーっとせり出して来ます。これはなかなか楽しい演出でもあります。いまでも時々リアビューミラーを覗いてスポイラーの動きを観察したりしてしまいますので、、、、。

インプレッサーのスポイラーは巨大ですねー。私がオーナーだったら、、、、、ひと月後には跡形も無くなくなっているかもです。

後ろ姿
後ろ姿
car transporter2010.07.04 10:40

このごろは車載専用車を探しています。新車にしようか中古にしようか。。。。といろいろと検討していますが、、、、・。大きな問題が発覚しました。この手のシトロエントランプポーターは全長が8,5mほどあるFF車です。日本にはこんな大型のFF車は存在しません。

日本で登録するためには排気ガステストを受ける必要があります。お金が掛かるのは覚悟をしていましたが、テストを受けられないという事態になるのは想定していませんでした。前輪からリアエンドまでの距離は7,5Mもあるのです。そうなると、日本で一番大きいといわれるテストセンターでも頭を抱えて、、、検討します、、、といったきりお返事なし。たぶん、厳しいのでしょうね。

車体をちじめることは出来ないので、いまどうしようかと検討中です。年式が古いDS等ですと排気ガステストは不要となりますが、1台見つけたDSのトランスポーターは数千万!!といわれてしまいました。

もともと車載して長距離を楽に移動することを目的にしているので、ガソリン2Lエンジン程度では役不足。なんとかディーゼルターボの強いエンジンとクリーンな排気の最新のディーゼルシトロエンでやりたい、、、と祈念しています。

まだ格闘中です。

格闘の途中で見つけた珍しいシトロエントランスポーターを。60年代のもので大型のガソリンエンジン付きだそうです。右はDSのトランスポーターのようです。

car transporter
car transporter
シトロエンcx2010.07.03 10:24

今日もCXの日々が続いています。神戸からのCXは車検の準備中です。納車させていただいて2年間が経過してCXの下回りです。覗くと、、、、。見慣れないものがみえますね。CXではあまり見かけないラムダセンサーです。そのすぐ後ろの光っている箱はメタル触媒です。この触媒が小型でとても高効率です。自動車メーカーさんは高価なので使わないようです。エンジン本体もオートマもとても綺麗な状態を保っています。私たちはエンジン周りをスチーム洗浄は致しません、来たままの状態です。

CXファミリアールの室内にはモーテックの配線が引き込まれています。ダッシュバラバラにする理由はこれです。、、、、。エンジンの制御配線が新品になってくれますので、古い配線を相手にしているよりも遥かに信頼性が向上いたします。おまけにスズキの軽自動車のクランク角センサーや最新のボッシュの制御パーツを使ってゆきますので、補修パーツの点でもコストが抑えて走り続けることが可能です。エアーフローメーターはもう不要となりますので取り外しです。スロットルスイッチはスロットルポテンシオメーターに変更です。

CXのモダナイズに朗報が。CXのオリジナルデザインのホイールを16もしくは15インチに変更が出来るようになりました。まずは1セットを私のCXアンビュランス用にオーダーしてみました。その結果をみて大丈夫なようでしたら、皆様のご注文をお受けできるようになると思います。

14インチやTRXホイールを使うCXは、ここのところタイヤの選択肢が極端に狭くなってきています。14インチの195-70や185-14は需要が極めて少ない様子で選べるタイヤは割と性能の低いものばかりになってしまいました。ましては最新のミシュランなんて夢の夢。TRXは昔の高性能タイヤですが、補修タイヤの金額がとても高くなってきているのが困り者です。

私のCXアンビュランスには16インチホイールにミシュランプライマシーHPを組み合わせる予定です。魔法のタイヤを得たCXはどのような挙動を示すのか????いまから楽しみにしています。

JAVELのこのごろはディーゼルシトロエンが目立つようになってきていますが、クラシック系シトロエンのアップデートも怠りなく進めてゆきたく思っています。

お蔭様で今日も元気にシトロエン屋を続けさせていただいています。生かしていただきましてありがとうございます。

シトロエンcx
シトロエンcx
シトロエンcx
シトロエンcx
長いーCXの日2010.07.02 14:40

今日はロングホイールベースのCXがそろっています。2台のCXプレステージュ、そして後ろが定位置になってしまったCXファミリアール号です。

ファミリアールはいろいろなパーツが届いて作業が続行中です。モーテック用の補機類の取り付け中です。Sメカが奮闘中。

シルバーのCXプレステージュ君、昨日の私のテストドライブでブロワーモーターの音が出ているのを発見して、再修理中です。暑い日に暑い場所の修理ですが、、、、Nメカが対応中です。

奥にはベールアルジェンタのDS23。皆さんの動向を見守っているという感じでしょうか?

長らくこちらで作業をしていたDSカブリオレ、私たちの手を離れて板金塗装屋さんに行きました。まずは一区切りというところです。

暑い日日が続きます。皆様御体ご自愛ください。

今日の帰り道もたぶんCXプレステージュかな???

長いーCXの日
長いーCXの日
クラシック系の日2010.07.01 14:25

今日のJAVELはクラシックばかりが入っています。5年前の私たちというような風情です。あのころは毎日毎日DSやCXと格闘していましたもの。

奥のCXふぁりみあーるはエアコンとモーテック取り付け続行中です。バラバラです。より良いCXを目指して、、、というところです。見慣れないパーツは、モーテックCXで使っているクランクセンサーです。スズキの軽の部品でやすやすで信頼性もOKでは。このシステムのメリットはもうひとつ。カムシャフトやクランクシャフトシールがオイル漏れを起こしても、エンジンのセンサーにオイルが掛からないので、そのためにエンジンが止まったりする故障が起きません。お仕事をいただきましてありがとうございます。

CXプレステージュシリーズ1はブロワーモーターの不調です。ドライブ中に溶けたような臭いがして風が出なくなった、、、、という症状です。モーター本体が怪しいですね。とりあえずモーター交換して、電力アップのリレーと安全回路のフューズを追加してテスト、、、となりました。今日の私の帰宅はこれです!!

DSカブリオ君、排気ガス浄化装置の取り付けも完了しました。今度はヘッドライトの不調が、、、、。修理続行中。

更におくにはDS23ベールアルジェンタが。皆さんの作業風景を観察中です。この子は特別用事はありません。会社のデモカー用DSです。

週が変ると新しいディーゼル系に占有されそうな状態です。

シトロエン屋として生かしていただいてありがとうございます。

クラシック系の日
クラシック系の日
クラシック系の日
クラシック系の日
クラシック系の日

2020年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月

2019年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2018年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2017年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2016年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2015年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2014年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2013年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2012年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2011年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2010年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2009年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2008年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2007年

1月 2月 3月 4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月

2006年

4月 5月 6月
7月 8月 9月 10月 11月 12月